バリ島移住物語

バリ島で働きながら生活する事を夢見る3~40代の男性に、移住歴10年の筆者とりいが紹介するバリ島移住ノウハウブログ

SKTTの取得について

SKTTとは、インドネシアのおける外国人居住証明書のことで、KITASを取得したのち速やかに居住県の住民局にて取得しなくてはいけません。手続き自体はそれほど難しいものではありませんが、多数の必要書類が必要です。このページでは必要書類と届け出方法につ…

バリ島で本格的にネットをするなら、光通信のIndihomeできまり

バリ島で本格的にネットを行う、あるいは仕事でネットを使うという事でしたら光通信のIndihomeがおススメです。光通信ですので通信速度は10Mbps以上出ますし、無制限で使えるのが一番の魅力です。さらに通信料金もRp285,000/月からと大変お得です

バリ島でのネットは携帯電話通信網網(3G/4G)利用が一番お手軽です

バリ島でネット接続をするには、スマホを使った携帯電話通信網を利用するのが一番簡単でお得だと思います。またパソコンでの接続もスマホのデザリング機能を使えば、特別な機器も不要でお手軽にネット環境が構築できるでしょう。

バリ島への送金方法を比較検討してみた

バリ島への送金方法は、デビットカードでのATM現金引き下ろしか海外送金サービスになります。どちらの方法も、複数の銀行や金融機関がサービスを行っていますが、どこが一番お得なのかを検証してみました。

バリ島のネット環境について

バリ島のネット環境は、電話回線を使ったADSL,光回線を使った光通信、携帯電話回線を使った4Gデータ通信、そしてプロバイダ独自の無線回線や光回線があります。バリ島に長期滞在するとなったら、自宅にもネット環境が欲しくなります。どのような方法で環境を…

バリ島でネットが繋がらない、遅いといった原因はネット検閲システムのせいです

バリ島でのネット接続が遅いとか繋がらないといった悩みをお持ちの方はぜひご一読ください。それらネット障害の原因は、政府によるネット検閲システムであり、VPN接続により解消することができるのです。

バリ島で銀行口座を作るのならBNIがおすすめ

バリ島で長期滞在する場合は、お金の管理のために銀行口座を作るといいでしょう。バリ島にはたくさんの銀行がありますが、その中でもボクはBNI銀行の口座を作ることをお勧めします。銀行口座を作ると計画的にお金を使うようになって、節約にも繋がりますよ

バリ島送金・トランスファーワイズ(Transfer Wise)ってどうなの?

バリ島への送金方法について検討・調査をしていたらトランスファーワイズという送金サービスを見つけました。手数料も安く為替損といった隠れコストも少ないお得な個人間送金サービスという事です。実際手数柳雄などはいくらになるのか確かめてみました。

バリ島への送金・FAS ASEAN海外送金ってどう?

FAS ASEAN海外送金サービスとは、マレーシアの金融グループが行っている東南アジアに特化した海外送金サービスです。送金手数料が安く両替レートもよく、さらに手続きもネットで完結するので、バリ島移住者に使い勝手のいい送金サービスかと思います。

バリ島への送金・ウエスタンユニオンってどうなの?

バリ島でよくWestan Unionと書かれた黄色い看板を見かけます。調べてみると国際送金サービスで、銀行口座が不要で手続きも簡単、送金手数料も安いという事でした。さっそく、バリ島移住での生活費の送金などに使えないか調べてみました

バリ島でのお金の引き出しはデビットカードが便利

バリ島に旅行や長期滞在で来られた時、多額の現金を持ち歩くのは大変危険です。そんな時にはデビットカードでATMから現金を引き出すのが安全で便利です。今回は、バリ島で使えるデビットカードについてご紹介いたします。

Paypalを使ったバリ島への海外送金について検討してみた

海外送金の方法として、Paypalを」使った送金を検討しましたが、法律でPaypalでの送金は禁止されていちぇ、実現できません。さらに商品をインドネシアから日本に販売した場合の代金回収も手数料、為替損からちょっと現実的ではないと考えられます。

バリ島への送金・ゆうちょ、三井住友、三菱UFJを比較検討してみた

バリ島への海外送金をゆうちょ、三菱UFJ,三井住友のどこが一番お得かを比較検討してみました。手数料だけ見るとゆうちょが最も安いのですが、為替レートなども含めて考えると、送金額によりどこがベストなのかは変わってくるようです。

BNI海外送金でのバリ島への送金について検討してみました

海外に送金する場合は都市銀行などの海外送金サービスを利用しますが送金手数料が高いのが問題です。バリ島などインドネシアへの送金は、インドネシアの国営銀行BNIが日本にも支店を持っており、手数料も安く、手間もかからない送金サービスを行っているので…

移住生活でのお金の管理方法

バリ島で長期滞在する場合、お金の管理って大変ですよね。現金を手元に置いておくと盗難の心配もあるし、銀行口座もすぐには作れません。ボクは、移住したての頃は日本の銀行のキャッシュカードを利用してお金の管理をしていました。その具体的な方法をご紹…

EPOとは、KITAS破棄手続きの事です

EPOとは、バリ島などに長期滞在している外国人がKITASを破棄して出国するための手続きです。バリ島生活を終えて日本に本帰国する場合もそうですが、KITASの有効期限が終了し、再度ビザを取得する場合にも必要な手続きの一つでもあります。

KITASとは、長期滞在に必要な居住許可証のことです

KITASとは、暫時居住許可といって1年間の滞在ができる許可です。KITASを」取るには312ビザと言われる就労ビザ、リタイアメントビザなどを取得する必要があります。今回はこの長期滞在に必要なKITASについて説明いたします。

タイ・バンコクでソシアルビザを取ってきた

インドネシアのソシアルビザをタイ・バンコクで取得する方法などについてご紹介します。また、シンガポールでの取得とどちらが良いかも比較検討しております。ソシアルビザを取得してバリ島に滞在される方の参考になれば幸いです。

就労ビザ(ワーキングビザ)を取るための条件

バリ島で働くために必要なの条件で特に重要視されるのが、学歴と年齢です。多くの会社が大卒以上、28歳以上という採用条件を出しているのは、IMTA(労働許可)やVISA発給のための厳しい条件をクリアするためなのです。

バリ島で働くために必要なもの、IMTA,VISA,KITAS

バリ島で働くためにはIMTA,VISA,KITASといった許可が必要です。これら許可を取らずに働いた場合は違法労働となります。日本人にはなじみのないIMTA,VISA,KITASについて簡潔に説明します。バリ島で仕事をしたいという方、起業を夢見ている方必須の情報です

VOA(到着ビザ)なら事前手続きなしでバリ島に60日間滞在ができますよ

60日以内のバリ島滞在なら手続きはすごく簡単です。バリ島到着時にVOA(到着ビザ)を取得し、その後延長手続きを取るだけで、60日までの滞在ができます。事前手続きもスポンサーも不要ですので、長めの旅行やプチ移住を楽しみたい方は試してみてください。

暑いバリ島、水分補給はトイレの回数も注意して!

暑いバリ島では水分補給はしっかりやらないといけません。さらに、毎日のおしっこの回数も注意が必要です。水分補給が足りず、おしっこの回数が減ると膀胱炎や腎盂炎のリスクがあるからです。バリ島に限らず日本の夏でも、おしっこの回数には十分注意しまし…

デング熱で入院しました。その時の症状・経過をお話しします。

毎年雨季の終わりごろになるとバリ島ではデング熱が発生します。デング熱というとすごく恐ろしい病気と思われるでしょう。実際デング熱に感染したらどうんな症状になるのか、また治療法はどうなのかを過去2回デング熱で入院した筆者が実体験をもとに解説しま…

バリ島でアメーバ赤痢という病気になってしまいました。

移住生活で心配なのが病気。特に聞いたことのないような病気にかかると、すごく不安になります。筆者は移住生活半年でアメーバ赤痢という病気になりました。この記事はその闘病記を簡単にまとめたものです。何かの参考になれば幸いです。

シンガポールでソシアルビザを取ってきた

ソシアルビザを取るにはシンガポールで取るのが一番簡単です。筆者が取ってきた体験を基に、取得の手順などを詳しく説明しております。ぜひ参考になさってください。

60日以上の滞在ならソシアルビザをとるべし!

日本人が60日以上バリ島に滞在する場合はソシアルビザを取得するのが一番いいでしょう。こちらでは、ソシアルビザについての解説や取得方法などを解説しまています。バリ島プチ移住などを検討される方、参考にしてください。

【2018年度最新版】バリ島に長期滞在するのに必要なビザはどれがいいのか、ズバッとご紹介します

バリ島に移住・長期滞在するうえで、必ず必要となるものがビザです。ここではバリ島移住に必要な数種類のビザについてご紹介し、滞在目的ごとに最適なビザをご案内いたします。本気でバリ島移住を考えている方の参考になれば幸いです

バリ島移住、ボクは健康保険を止めて海外旅行保険に入った

海外移住の際問題になるのが医療費と保険。日本の国民健康保険は移住する場合使う事はできません。かといって保険なしでの移住はとてもリスキーです。そこでボクは国民健康保険を止めて長期海外旅行保険に入りました。

ボクがバリ島に移住する前にやった3つの事

バリ島に移住したい、海外に住みたいと考えている方に、バリ島在住10年のもんぶぅが、移住する前にすべき3つの事を解説します。そして、その3つの事をやり終えたら、移住に対する強い思いが生まれます。

バリ島在住者必見!日本で自分のスマホを使う方法

日本一時帰国の時、携帯電話ってどうしていますか? 電話レンタルやポケットWifiという方法もありますが、今回データ通信用SIM+050Freeを試してみました。 なかなか使えそうです