バリ島移住物語

バリ島で働きながら生活する事を夢見る3~40代の男性に、移住歴10年の筆者とりいが紹介するバリ島移住ノウハウブログ

移住の手続き

移住するために必要なビザや保険、届出などもんぶぅが体験した手続きをまとめました

バリ島観光や移住に必要なビザ【2019年度最新版】

バリ島に観光や移住するために必要となるものがビザです。観光旅行での短期滞在ならビザ取得は不要ですが、30日以上滞在する場合はビザが必要です。ここではバリ島滞在に必要な数種類のビザについてご紹介し、滞在目的ごとに最適なビザをご案内いたします。

バリ島で起業

本格的な移住や家族を連れての移住を考えたとき、収入やライフスタイルの面から起業をするのが現実的だと思います。素人がバリ島で起業してうまくいくのか?という不安はあると思いますが、日本での起業より、ずっとハードルは低いと思います。まずは一歩踏…

バリ島での仕事についてのまとめ

バリ島移住で大切な問題は資金です。貯蓄など十分な資金がない場合はバリ島で仕事を探さなくてはいけません。バリ島で仕事を探すとなると、既存の会社に就職するか自分で起業するということになりますが、どちらの道を選ぶのかを解説してみました。

移住者にとって理想的な仕事とは?

バリ島移住者にとって理想的な仕事とは、自分のライフスタイルを優先することができる仕事だと思います。そして、自分のライフスタイルを優先できる仕事を実現する方法は、起業することだと思います。起業することによりライフスタイル重視の移住生活を手に…

バリ島ホテルの求人状況

バリ島の仕事探しの中で今でも一番人気と言えばホテル求人となります。日本語ができるスタッフがいても日本人旅行者は日本人スタッフを要求しますので、この仕事はなくならないと思います。今回はバリ島におけるホテル求人の現状についてご紹介していきます。

バリ島仕事探し、求人担当者が考える求められる人材

バリ島での仕事探し情報はネットで沢山出ておりますが、ほとんどが求職側目線のものばかり。筆者はバリ島の会社で長年求人担当をしてきて、その経験の中から、求人側から採用情報やアドバイスを送りたいと思います。参考にしていただけると嬉しいです。

バリ島でのお仕事!日本人におススメなのはこれ!【2019最新版】

(2018.12.23更新)バリ島への移住を考えた時、大きな問題はお仕事ですよね。日本人がバリ島で働くにはビザや労働許可など様々な壁があります。このページでは、バリ島での日本人の就職状況やおススメの仕事などの情報をご紹介していきます。

バリ島での就労ビザ規則が2018年7月に変更されました

2018年7月1日にバリ島を含むインドネシアでの外国人就労に関する規則が大幅に変更されました。これにより、外国人がバリ島で働くためのルール、手続きが変更となり、ビザやKITAS取得がよりスピーディーとなりました。今回はこの規則変更についてご案内いたし…

バリ島で起業、費用(資本金)はいくらかかるのか?

バリ島で起業するには、費用がいくら必要でしょうか?正式な会社を作るとしたらまず資本金が必要ですが、外国人資本による会社(PMA)を作るには100憶ルピア以上の資本金が必要となります。この資本金と外国人雇用の関係について説明をします。

海外移住する前に運転免許の更新は忘れずに

海外移住の事前準備で忘れがちなのが運転免許の更新です。運転免許更新期間中に日本にいない場合は、事前更新を忘れずに行っておきましょう。また、海外長期滞在により更新ができなかった場合、失効日から3年以内であれば学科、実技試験免除で免許再取得がで…

SKTTの取得について

SKTTとは、インドネシアのおける外国人居住証明書のことで、KITASを取得したのち速やかに居住県の住民局にて取得しなくてはいけません。手続き自体はそれほど難しいものではありませんが、多数の必要書類が必要です。このページでは必要書類と届け出方法につ…

EPOとは、KITAS破棄手続きの事です

EPOとは、バリ島などに長期滞在している外国人がKITASを破棄して出国するための手続きです。バリ島生活を終えて日本に本帰国する場合もそうですが、KITASの有効期限が終了し、再度ビザを取得する場合にも必要な手続きの一つでもあります。

KITASとは、長期滞在に必要な居住許可証のことです

KITASとは、暫時居住許可といって1年間の滞在ができる許可です。KITASを」取るには312ビザと言われる就労ビザ、リタイアメントビザなどを取得する必要があります。今回はこの長期滞在に必要なKITASについて説明いたします。

タイ・バンコクでソシアルビザを取ってきた

インドネシアのソシアルビザをタイ・バンコクで取得する方法などについてご紹介します。また、シンガポールでの取得とどちらが良いかも比較検討しております。ソシアルビザを取得してバリ島に滞在される方の参考になれば幸いです。

就労ビザ(ワーキングビザ)を取るための条件

バリ島で働くために必要なの条件で特に重要視されるのが、学歴と年齢です。多くの会社が大卒以上、28歳以上という採用条件を出しているのは、IMTA(労働許可)やVISA発給のための厳しい条件をクリアするためなのです。

バリ島で働くために必要なもの、IMTA,VISA,KITAS

バリ島で働くためにはIMTA,VISA,KITASといった許可が必要です。これら許可を取らずに働いた場合は違法労働となります。日本人にはなじみのないIMTA,VISA,KITASについて簡潔に説明します。バリ島で仕事をしたいという方、起業を夢見ている方必須の情報です

VOA(到着ビザ)なら事前手続きなしでバリ島に60日間滞在ができますよ

60日以内のバリ島滞在なら手続きはすごく簡単です。バリ島到着時にVOA(到着ビザ)を取得し、その後延長手続きを取るだけで、60日までの滞在ができます。事前手続きもスポンサーも不要ですので、長めの旅行やプチ移住を楽しみたい方は試してみてください。

シンガポールでソシアルビザを取ってきた

ソシアルビザを取るにはシンガポールで取るのが一番簡単です。筆者が取ってきた体験を基に、取得の手順などを詳しく説明しております。ぜひ参考になさってください。

60日以上の滞在ならソシアルビザをとるべし!

日本人が60日以上バリ島に滞在する場合はソシアルビザを取得するのが一番いいでしょう。こちらでは、ソシアルビザについての解説や取得方法などを解説しまています。バリ島プチ移住などを検討される方、参考にしてください。

バリ島移住、ボクは健康保険を止めて海外旅行保険に入った

海外移住の際問題になるのが医療費と保険。日本の国民健康保険は移住する場合使う事はできません。かといって保険なしでの移住はとてもリスキーです。そこでボクは国民健康保険を止めて長期海外旅行保険に入りました。

ボクがバリ島に移住する前にやった3つの事

バリ島に移住したい、海外に住みたいと考えている方に、バリ島在住10年のもんぶぅが、移住する前にすべき3つの事を解説します。そして、その3つの事をやり終えたら、移住に対する強い思いが生まれます。