バリ島移住物語

バリ島で働きながら生活する事を夢見る3~40代の男性に、移住歴10年の筆者とりいが紹介するバリ島移住ノウハウブログ

バリ島への送金・FAS ASEAN海外送金ってどう?

f:id:monbuu01:20180913201437j:plain

バリ島へなるべく安く、簡単、安全に送金できる方法はないか調べていたら、FNS ASEAN海外送金というサービスを見つけました。

このサービスですが、マレーシアの金融会社が行っている送金サービスで、最初はマレーシア向けだけでしたが、現在はマレーシアをはじめ、タイ、インドネシア、ベトナム、ミャンマーなどASEAN諸国も対象となった、東南アジアに特化した送金サービスという事です。
調べてみると手数料も安く、レートも良さそうなので、ご紹介したいと思います。

バリ島に移住や長期滞在されている方への生活費の送金に使えるのではないかと思います。

<目次>

FAS ASEAN海外送金とは

FASとは、資金移動業者である(株)シースクエアが東南アジア最大手金融グループのCIMBと提携して行っている東南アジアに特化した国際送金サービスです。

このサービスの特徴として

  • 送金手数料は業界最安値
  • 会員登録や送金手続きはすべてネットで行う
  • 東南アジア9か国、10,500以上の拠点で受け取り可能で、インドネシアは全銀行口座へ送金可能
  • 10万円までなら会員登録なしで即日送金
といったものがあります。

詳細はこちらのFAS ASEAN海外送金サービスのサイトをご覧ください。

送金手数料が業界最安値と、かなり期待できますね。

FAS ASEAN海外送金の手数料と送金限度額

送金手数料は以下の通りです。

  • 送金額 1円~30,000円 手数料790円
  • 送金額 30,001円~50,000円 手数料990円
  • 送金額 50,001円~250,000円 手数料1,470円
  • 送金額 250,001円~1,000,000円 手数料1,970円

(2018年9月10日現在)

送金限度額は

  • 会員未登録の場合 10万円
  • 会員登録済みの場合 100万円

となっています。

手数料などの詳細はFAS ASEAN海外送金サービスサイトをご覧ください。

確かに、手数料は銀行やウェスタンユニオンより安くなっていますね。

海外送金の両替レートは?

両替レートですが、2018年9月11日時点のYahoo レートやバリ島の両替所のレートと比較してみました。

  • FAS ASEAN海外送金 1円=Rp131.202
  • Yahoo為替レート 1円=Rp133.730
  • バリ島両替所(ディルガハユ)レート 1円=Rp132.00

さすがに、Yahooレートや現地両替所(現金両替)よりかは悪くなりますが、他の銀行などに比べたらかなり良いと思います。

手数料や実際のレートはFAS国際送金サービスのサイトでシミレーションできますので、試してみてください。

バリ島での受け取り拠点は?

調べると、インドネシア国内での現金での受け取りはできないようです。

その代り、インドネシア全銀行の口座へ送金が可能という事です。
どこの銀行でも構わないのですが、やはりFASの母体銀行であるCIMBのインドネシアグループCIMB Niagaが安心ではないかと思います。

受け取り拠点の詳細はこちらのFAS ASEAN海外送金サービスサイトをご覧ください。

会員登録方法

10万円までなら、会員登録をしなくても送金はできますが、定期的に送金をするのなら会員登録をした方が便利でしょう。
会員登録はとても簡単で、次のようにして行います。

  1. Webサイトより登録申し込み
  2. 本人確認書(免許証、パスポートなど)とマイナンバーカードをスキャンしてアップロード
  3. 簡易書留にてウエルカムレターを受け取り(申し込み後1週間程度)。レターには本人確認IDが記載されています
  4. 本人確認IDでサイトにログイン

会員登録方法の詳細はFAS ASEAN海外送金サービスサイトをご覧ください。

送金方法

送金はWebサイトとネットバンキングでできるので、とても簡単ですね。

  1. Webサイトから送金の申し込み
  2. 会員登録していない場合は、本人確認書をアップロード
  3. 送金資金と手数料を指定口座へ振り込み(ネットバンキング可)
  4. Tracer Number(追跡コード)受け取り

送金方法の詳細はFAS ASEAN海外送金サービスサイトをご覧ください

ゆうちょ送金カード

ゆうちょのATMから入金するだけで、自動的に指定送金先に送金できるサービスです。

送金限度額は1日に30万円、1年間で360万円。
送金手数料にATM利用手数料が、かかります。

通常の送金より手数料が上がり限度額も低くなりますが定期的な送金やWebを使えない方にはこちらの方が便利ですね。

ゆうちょ送金サードの詳細はFAS ASEAN海外送金サービスサイトをご覧ください。

まとめ

マレーシアの金融機関による海外送金サービスという事で、日本の銀行に比べたらちょっと不安があるかもしれません。
しかし、手数料も安くレートもよく、さらに手続きも簡単ですので、利用価値は十分にあると思います。

特に、すべての手続きや口座振り込みがネットでできるので、バリ島にいながら、日本の自分の銀行口座から送金が可能という事が、長期滞在者には大変ありがたいと思います。
ぜひ、ご検討してみてください。