バリ島移住物語

バリ島で働きながら生活する事を夢見る3~40代の男性に、移住歴10年の筆者とりいが紹介するバリ島移住ノウハウブログ

バリ島で本格的にネットをするなら、光通信のIndihomeできまり

光通信インディホーム

バリ島でネットをするには携帯電話通信網を使ったデータ通信が一番お手軽です。
しかし、この方法ではデータ通信量に制限があり、一日中ネットを使っていたらすぐに制限域に達してしまいます。

特に仕事でネットを行う方や、Youtuberなど長時間のネットをされる方は無制限接続ができる通信方法を選ぶ必要があります。
そのようなヘビーユーザーの方にお勧めしたいのが光通信のIndihome(インディホーム)。

Indihome は,インドネシア最大の通信会社Telkom-selが運営している光通信網ブランドで、現在はクタ、スミニャック、ウブドなど都市部を中心にサービスを行っています。

3分程度でサクッと読めるように、Indihomeについて簡単にまとめましたので、最後までお付き合いください

<目次>


Indihomeのサービス内容

Indihomeは光ケーブルを使った通信網で、通信速度は契約内容によって10Mbps~100Mbpsまで出ます。
PCとの接続は専用の機器(モデム)を使いますが、LANケーブルによる有線接続もできますし、Wifi(無線Lan)も標準でついていますので、スマホへの接続も可能です。

また、光ケーブルという大容量通信を利用し、インターネット以外にも音声電話やケーブルテレビサービスも行っています。
ネット、電話、テレビをまとめたパッケージもあるので、かなりお得な回線と言えます。

ケーブルテレビはUsee TVというブランドで、通常の地上波の他にもアメリカやオーストラリア、中国のチャンネルもあります。
日本語放送はWakuWaku-Japanというチャンネルが標準でついており、また追加料金が発生しますがNHKプレミアムも視聴できます。
さらに、オプションで映画チャンネルやカラオケチャンネルもあるそうです。

電話は通話時間による課金となりますが、パッケージによっては無料通話も付いてきます。
もちろん、固定電話の番号ももらえますので、仕事に使うには大変便利です。

Indihomeの料金体系

Indihomeの料金体系は大きく分けてTrile PayとDual Payの2つがあります。
(料金は2018年10月現在の物です)

Tripe Pay

Triple payは、インターネット、電話、Usee TVがセットになったパッケージで、ネット速度により複数のコースがあります。

ネット速度 10Mbps Rp460,000/月
ネット速度 20Mbps Rp630,000/月
ネット速度 30Mbps Rp820,000/月
ネット速度 40Mbps Rp995,000/月
ネット速度 50Mbps Rp1,250,000/月
ネット速度 100Mbps Rp1,750,000/月

全てのパッケージにUsee TVの視聴と、固定電話1,000分間無料通話が付いてきます。

ボクの会社では10Mbpsの契約でパソコン5台を使っていますが、ほとんど不便は感じません。
一般の方なら、10Mbpsの駅役で十分かと思います。

ホテルやヴィラなど多人数で使う場合は20Mbps~50Mbpsを使い、100Mbpsの回線は大きな会社や銀行など向けかと思います。

Dual Pay

Dual Payは、インターネットと電話が付いたパッケージで、Usee TVは見ることができません。

こちらもネット速度によって料金が変わってきます。

ネット速度 10Mbps Rp285,000
ネット速度 20Mbps Rp385,000
ネット速度 30Mbps Rp545,000
ネット速度 40Mbps Rp645,000

全てのパッケージに固定電話100分間の無料通話が付いています。

契約方法と料金支払い

Indihomeの契約はインターネットか近くにTelkom-sel営業所に申し込む形になります。
申し込みをしたら、工事部門より連絡があり工事日程を決めます。
工事は、主要幹線の中継ボックスから光ケーブルを部屋に引き込み、モデムを取り付けて終了です。
だいたい2時間もあれば終わってしまいます。

サービス開始当時は工事依頼が多く、申し込みをしてから2~3か月待ちという事がありましたが、今はそれほどではないと聞いています。

申し込みには、パスポートやKITASなどが必要で、自分の場合は他に大家さんのサイン(承認書?)も必要でした。
必要書類などはすべてTelkomで案内してくれます。

料金の支払いは、毎月の月初めに先月分の料金支払いをします。
電話の利用が多い場合は追加料金を取られますが、ほとんどは基本料金だけで済みます。
支払いは銀行やATM,ネットバンキング、Telkom-selの営業所で行います。
請求書というものはなく、窓口で契約番号を伝えて料金を支払うという形です。

まとめ

自宅でネットを使った仕事をするとか、ネットのヘビーユーザーでしたら光通信のIndihomeを契約するのが一番お勧めです。

Indihomeの通信速度は契約により10Mbps~100Mbpsまで選べますが、一般家庭でしたら10Mbpsで十分です。

Indihomeの契約にはネット+電話+ケーブルテレビのTriple Payとネット+電話だけのDual Payがありますが、お子さんがいる家庭やテレビが大好きな方でなければDual Payで十分でしょう。
10MbpsのDual Payで月々の支払いはRp285,000です。

Indihomeを引くことによって、無制限にインターネットを使う事ができますので、ネットカフェなどに行く料金を考えたら、断然お得だと思います。