移住について

シニア層のバリ島移住で失敗するパターンとして、急いで移住を決めてしまう事が挙げられます。2~3回バリ島に来ただけで移住を決め、家やビザを取得し住み始めた。しかし実際住んでみると思っていた事と違う。でも今更引き返せなく、ストレスが溜まる。こんな失敗を回避するにはステップバイステップで移住を進めていくことです。今回はこのステップバイステップでの移住の進め方について綿h氏の体験も交えながら説明していきます。

仕事・起業

若い方がバリ島で働く方法を考えたとき、フリーランスのノマドワークが一番だと考えました。なぜなら、ノマドワークなら自分のペースで仕事ができて、いろいろなシメツケもありません。また報酬をバリ島内で受け取らなければ就労に当たらないので今のところVOAなどでの滞在も可能。このようなメリットの他、ノマドワークの注意点や準備すべきこと、そして進め方についても解説します。

ビザ・諸手続き

最近バリ島のイミグレは、就労ビザで滞在している会社経営者に対し投資家ビザでの滞在に切り替えるよう指導をしています。本来、会社経営者は投資家ビザでの滞在が基本でしたが、なぜかバリ島では就労ビザを取らせていました。この方針の変更の裏には自分は就労ビザへの締め付けを進める思惑が働いていると感じます。このブログでは投資家ビザとはどんなものかという説明に加え、なぜこの切り替えが就労ビザ締め付けに結びつくのかについて私の考えを説明しています。

移住について

バリ島移住する前の自分は「海外移住は今の生活から逃げているのではないか?」という気持ちがあり、モンモンと悩んでいました。しかし、海外移住は今の生活からの逃げではないと自分に言い聞かせていましたが、別に今の生活から逃げてもいいんじゃないかと思うようになりました。それは、人生においての目標は自分の幸せであるという事に気が付いたからです。自分の幸せのために移住することは逃げではないし、恥ずかしいことではありません。

医療・健康

バリ島に移住される方は、医療保険について考えていますか?保険なしではバリ島で怪我や病気になった時、医療費が高くて大変ですよ。どうしたらいいかというと、現地の医療保険に入る事です。この記事では医療保険の必要性と、おススメの現地医療保険のご紹介をします。さらに、高齢者の保険についても言及していきます。真面目にバリ島への移住、長期滞在を考えている方は、この記事をよく読んで自分はどうするかを真剣に考えてください。