海外移住して習慣、人間関係、仕事が変わりストレスが減りました

移住について

海外移住でストレスフリー

今の生活にストレスが多い。
ストレスから逃れるために海外移住をしたい。

このような理由から海外移住を考える方って多いですよね。
実は、私もストレス疲れから、海外移住を考えた一人です。

でも、海外移住したらストレスって減るのでしょうか?

私は12年前にこのバリ島に移住してきました。
移住することにより、生活習慣、人間関係、仕事環境が変わり、ぐっとストレスが減ったと感じています。

今回は、この私の体験を通じて、海外移住で変わった事と、それによってなぜストレスが減ったのかをお話しします。

この記事を読んで頂ければ、海外移住によってなぜストレスが減るのかが理解できるでしょう。
また、それを理解することにより、いざとなったら海外移住という選択肢を持つことができます。
海外移住という選択肢を持てば、すこし心に余裕ができ、ストレスもちょっとは軽くなるはずですよ。

生活習慣が変わった

生活習慣

どんな生活習慣が変わったのか?

  • ダラダラとテレビを見ることが無くなった
  • 休みのたびにパチンコ屋に行くことが無くなった
  • 漫画を見て時間つぶしをすることが無くなった

こんなくだらない、生活習慣が無くなりました。

そしてそのことによって、自分の時間を持てるようになったのです。
自分の時間とは?
自分が成長したり、健康的になったりと、自分にとってプラスになる時間です。

  • ブログやYouTUbeなど生産的なことができるようになった
  • 睡眠時間をしっかりとれるようになり、健康的になった
  • 時間に余裕ができ、心にも余裕ができるようになった

自分の時間を持つようになると、自分が成長していくことが分かります。
その事により、焦りや苛立ちと言ったストレスが少なくなり、楽な人生となりました。

スポンサードサーチ

人間関係が変わった

人間関係

どのように人間関係が変わったのか?

  • 本当に必要な人とのみ付き合えるようになった
  • 危険を感じる人とは距離を取れるようになった
  • 対等な付き合いができるようになった

日本は生まれてからずっと住んでいる場所です。
人間関係も、小さいころからの積み重ねで作られたもの。
だから、否応なく付き合うといった事もありました。

移住により、全く新しい土地で、自分の意思で人間関係を作ることができる。
嫌な人間関係は、作らないようにすればいい。
自分に害を及ぼす人間関係は、早めに離れることができるのです。

これによって、他人に振り回されることが無くなりストレスも少なくなりました。。
人に振り回されるというのと、とても大きなストレスになりますからね。

スポンサードサーチ

仕事環境が変わった

仕事環境
海外に移住して、一番変わったと感じるのが仕事環境です。

日本では古くから終身雇用が当たり前と考えられてきました。
だから、転職というと、ドロップアウトしたと思われることが多かった。
特に、高齢者にはこの考え方が強いですね。

しかし、海外では転職が当たり前。
自分のスキルが上がったら、もっとランクの高い職場に移って、さらに磨きをかける。
多くの転職を経験した人の方が、経験豊かで即戦力とみなされます。

これが、どんなにいいかというと、自分の成長に合わせて仕事を選ぶことができるという事です。

自分が成長できない仕事をいやいやながら続ける。
これって、実は大きなストレスなんですよね。

スポンサードサーチ

日本でもできるんじゃないかな?

今回お話しした3つの事って、海外移住しなくてもできる事じゃないか?

そう考えられるでしょう!
確かにそうです。
日本にいても、生活習慣、人間関係、仕事環境を変えることはできます。

でも、それをやり遂げるには、とても大きなエネルギーがいるのです。
なぜなら、生まれたときからずっと続く歴史があるから。
その人生の歴史により、変化を閉ざされるのです。

だから、海外移住なのですよ。
海外移住をすることにより、習慣、人間、仕事を強制的にリセットしてしまうんです。
ある意味、最終兵器かもしれませんね。

日本にいて、習慣、人間、仕事を変えてストレスを減らすことができる方はそうされたらいいでしょう。
しかし、それができない方は、海外移住を考えましょう。
海外移住という最終兵器を持ちましょう。
そうすれば、明日からの生活のストレスも、少しは減ってくるはずですよ。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ
バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ