仕事・起業

バリ島でノマド生活するならどんな仕事がおススメなんだろう?そんな疑問にお答えします。バリ島など海外で自由に働くのなら、ノマド生活が最高なんですが、どんな仕事を受けたらいいのか、悩みますよね。そこで、おススメのノマドの仕事を3つ紹介します。ノマド生活の基礎となる仕事、しっかり稼ぐための仕事、未来に延ばすための仕事、この3つです。具体的な仕事内容も紹介していますので、ノマド生活始めてみたいという方、ぜひご覧ください。

移住について

本気でバリ島移住を考えている人、バリ島移住を成功させたいと思っている人向けに、移住生活を成功させる5つの行動をまとめました。行動は5つありますが、その本質は、自分はバリ島に住まわせていただいているという謙虚な気持ちを持ち、肩ひじ張らず、移住生活を楽しもうという事です。いくら自分が人生経験が長く、知識やスキルが多くても、その土地の人はその土地の先輩です。偉ぶらず、奢らず、ゆっくりと移住生活を楽しみましょう。

仕事・起業

最近、バリ島在住者に観光ガイドをやりませんかというサイトが増えてきました。同じ日本人がガイドすることは旅行者、在住者お互いにメリットがあると思いがちですが、実は日本人ガイドは違法行為です。もし警察に見つかれば罰金や国外退去と言った罰則を受けることがあります。この記事ではその在住者による観光ガイドの危険性と対策について解説しています。安易な気持ちで違法行為などせずに、ちゃんと調べて合法的な事で稼ぐようにしましょう。

仕事・起業

バリ島で事業を起こす人の中には、多くのストレスで体を壊したり、事業を放棄してしまう人がいます。海外では価値観や人間関係、法律、ルールなど日本と勝手が違う事が多くあり、それらがストレスの原因となります。このストレスを軽減するにはどうするか?自分は投資家と割り切り現場の細かい事はすべて現地の方に任せましょう。そして利益は公明正大に山分けし、良い関係を作って行きましょう。そして事業を拡大させ、ストレスフリーで快適な移住生活を実現させましょう

移住について

バリ島移住を計画したが、親や家族に反対されている。こんな方、いらっしゃると思います。今回は、海外移住を反対している親や家族を説得する方法いついて、実体験をもとにご紹介します。その方法とは、海外移住計画書を作る事です。海外移住計画書とは、移住する目的・背景、移住する先の情報、移住生活の計画などをまとめたものです。これを作ることにより、反対する親、家族の説得がかなりの確率で成功します。

仕事・起業

会社を辞めてフリーランスで生活していけるのなら、海外でのノマド生活をおススメします。特に生活費が安く、ネット環境も整っているバリ島はノマドの聖地とも言われています。そのバリ島でノマド生活を始めるために、まず何をすべきかを簡単にまとめてみました。どれも、それほど難しいことではありません。いろいろ悩んでいないで、まずは行動に移しましょう。1秒でも早くノマド生活をはじめてみませんか?

移住について

人生のセカンドステージを南国バリ島で送りたいと考えているシニア世代に方に、バリ島でのリタイアメント移住は快適なのかを、簡単に説明します。バリ島は気候も良く自然も豊富で生活費も安い、リタイアメント層には理想的な島だと思います。しかし、医療レベルはそれほど高くなく、また高齢者ケアもまだまだといったところがありますので、体が元気なうちはバリ島で快適な暮らしができますが、介護が必要になるとちょっと考えなくてはいけないと思います。

移住について

シニア層のバリ島移住で失敗するパターンとして、急いで移住を決めてしまう事が挙げられます。2~3回バリ島に来ただけで移住を決め、家やビザを取得し住み始めた。しかし実際住んでみると思っていた事と違う。でも今更引き返せなく、ストレスが溜まる。こんな失敗を回避するにはステップバイステップで移住を進めていくことです。今回はこのステップバイステップでの移住の進め方について綿h氏の体験も交えながら説明していきます。

仕事・起業

若い方がバリ島で働く方法を考えたとき、フリーランスのノマドワークが一番だと考えました。なぜなら、ノマドワークなら自分のペースで仕事ができて、いろいろなシメツケもありません。また報酬をバリ島内で受け取らなければ就労に当たらないので今のところVOAなどでの滞在も可能。このようなメリットの他、ノマドワークの注意点や準備すべきこと、そして進め方についても解説します。

ビザ・諸手続き

最近バリ島のイミグレは、就労ビザで滞在している会社経営者に対し投資家ビザでの滞在に切り替えるよう指導をしています。本来、会社経営者は投資家ビザでの滞在が基本でしたが、なぜかバリ島では就労ビザを取らせていました。この方針の変更の裏には自分は就労ビザへの締め付けを進める思惑が働いていると感じます。このブログでは投資家ビザとはどんなものかという説明に加え、なぜこの切り替えが就労ビザ締め付けに結びつくのかについて私の考えを説明しています。