スポンサーリンク

ビザや保険、住民票など移住に必要な手続きについてです。

ビザ・諸手続き

KITASとは、暫時居住許可といって1年間の滞在ができる許可です。KITASを取るには就労ビザ、リタイアメントビザなどを取得する必要があります。今回はこの長期滞在に必要なKITASの中でも就労目的での滞在に関するKITASについて説明いたします。

ビザ・諸手続き

バリ島で働くためには就労ビザが必要で、就労ビザなしで働くと不法就労となり罰せられます。就労ビザについては規制が多くまた、費用も掛かるため、トラブルや詐欺話が多く出ています。そのようなトラブル、詐欺に巻き込まれないよう、正しいビザ取得に関する知識を知ってください

ビザ・諸手続き

バリ島に観光や移住するために必要となるものがビザです。観光旅行での短期滞在ならビザ取得は不要ですが、30日以上滞在する場合はビザが必要です。ここではバリ島滞在に必要な数種類のビザについてご紹介し、滞在目的ごとに最適なビザをご案内いたします。

ビザ・諸手続き, 仕事・起業

2018年7月1日にバリ島を含むインドネシアでの外国人就労に関する規則が大幅に変更されました。これにより、外国人がバリ島で働くためのルール、手続きが変更となり、ビザやKITAS取得がよりスピーディーとなりました。今回はこの規則変更についてご案内いたします。

ビザ・諸手続き

海外移住の事前準備で忘れがちなのが運転免許の更新です。運転免許更新期間中に日本にいない場合は、事前更新を忘れずに行っておきましょう。また、海外長期滞在により更新ができなかった場合、失効日から3年以内であれば学科、実技試験免除で免許再取得ができます。

ビザ・諸手続き

SKTTとは、インドネシアのおける外国人居住証明書のことで、KITASを取得したのち速やかに居住県の住民局にて取得しなくてはいけません。手続き自体はそれほど難しいものではありませんが、多数の必要書類が必要です。このページでは必要書類と届け出方法について説明しております。

ビザ・諸手続き

EPOとは、バリ島などに長期滞在している外国人がKITASを破棄して出国するための手続きです。バリ島生活を終えて日本に本帰国する場合もそうですが、KITASの有効期限が終了し、再度ビザを取得する場合にも必要な手続きの一つでもあります。

ビザ・諸手続き

インドネシアのソシアルビザをタイ・バンコクで取得する方法などについてご紹介します。また、シンガポールでの取得とどちらが良いかも比較検討しております。ソシアルビザを取得してバリ島に滞在される方の参考になれば幸いです。

ビザ・諸手続き

バリ島で働くために必要なの条件で特に重要視されるのが、学歴と年齢です。多くの会社が大卒以上、28歳以上という採用条件を出しているのは、IMTA(労働許可)やVISA発給のための厳しい条件をクリアするためなのです。

ビザ・諸手続き

60日以内のバリ島滞在なら手続きはすごく簡単です。バリ島到着時にVOA(到着ビザ)を取得し、その後延長手続きを取るだけで、60日までの滞在ができます。事前手続きもスポンサーも不要ですので、長めの旅行やプチ移住を楽しみたい方は試してみてください。

スポンサーリンク