ビザ・諸手続き

EPOとは、バリ島などに長期滞在している外国人がKITASを破棄して出国するための手続きです。バリ島生活を終えて日本に本帰国する場合もそうですが、KITASの有効期限が終了し、再度ビザを取得する場合にも必要な手続きの一つでもあります。

ビザ・諸手続き

インドネシアのソシアルビザをタイ・バンコクで取得する方法などについてご紹介します。また、シンガポールでの取得とどちらが良いかも比較検討しております。ソシアルビザを取得してバリ島に滞在される方の参考になれば幸いです。

ビザ・諸手続き

バリ島で働くために必要なの条件で特に重要視されるのが、学歴と年齢です。多くの会社が大卒以上、28歳以上という採用条件を出しているのは、IMTA(労働許可)やVISA発給のための厳しい条件をクリアするためなのです。

ビザ・諸手続き

60日以内のバリ島滞在なら手続きはすごく簡単です。バリ島到着時にVOA(到着ビザ)を取得し、その後延長手続きを取るだけで、60日までの滞在ができます。事前手続きもスポンサーも不要ですので、長めの旅行やプチ移住を楽しみたい方は試してみてください。

ビザ・諸手続き

ソシアルビザを取るにはシンガポールで取るのが一番簡単です。筆者が取ってきた体験を基に、取得の手順などを詳しく説明しております。ぜひ参考になさってください。

ビザ・諸手続き

日本人が60日以上バリ島に滞在する場合はソシアルビザを取得するのが一番いいでしょう。こちらでは、ソシアルビザについての解説や取得方法などを解説しまています。バリ島プチ移住などを検討される方、参考にしてください。

ビザ・諸手続き

海外移住の際問題になるのが医療費と保険。日本の国民健康保険は移住する場合使う事はできません。かといって保険なしでの移住はとてもリスキーです。そこでボクは国民健康保険を止めて長期海外旅行保険に入りました。

スポンサーリンク