デビットカードで現金引き出し

デビットカードで現金引き出し

バリ島滞在時に現金をホテルなどに置いておくのは不安
まだKITASがないから現地銀行口座が作れない
日本のキャッシュカードはバリ島では使えないの?

バリ島長期滞在や移住の際、現金はなるべく銀行に預けるようにしましょう。
もし現地銀行口座がない場合は、ATMを使って日本の口座から現金を引き出すことになります。

ただし日本の銀行のキャッシュカードはバリ島では使えません。
バリ島で使えるのは、デビットカードになります。

この記事ではバリ島での現金管理方法の一つとしてデビットカードを使い日本の口座から現金を引き出す方法について、説明します。

長期滞在に限らず、海外で多額の現金を持ち歩くのは危険です。
海外での現金の管理に不安のある方はこの記事を最後まで読み、海外旅行や長期滞在を安全に行う参考にしてください。

関連記事

今回説明する方法以外のお金の管理方法については、以下の記事をご覧ください。

バリ島でのお金の管理方法

デビットカードとは

デビットカードとは、銀行口座と紐づけされた決済用カード
品物を買ったり、キャッシングをすると即座に銀行口座からお金が引き落とされます。
月末にまとめて引き落とされるクレジットカードとは、ここが違いますね。

キャッシュカードとは違うのか?

キャッシュカードとは、銀行のATMからお金を引き出したり、預金をするための専用カード。
それに対し、デビットカードは、買い物の決済やキャッシングができる、クレジットカードに近い機能があるカードです。

また、キャッシュカードの中にはデビットカード一体型というものもあります。
そのため、キャッシュカードとデビットカードを混同される方もいるようですね。

海外ではキャッシュカードは使えない?

以前は「海外キャッシュカード」という名称で、海外のATMでも使えるキャッシュカードがありました。
しかし、2018年12月をもって、この海外キャッシュカードの新規発行はなくなり、海外ではキャッシュカードは使えなくなったのです。

その代わり、現在ではデビットカードを使えば海外のATMでお金を引き出せるようになりました
ですので、海外でATMを使う場合は、デビットカードもしくはデビットカード一体型のキャッシュカードを作っておくといいでしょう。

デビットカードは安全か?

デビットカードもキャッシュカード同様、スキミング被害にあう可能性があります。

しかし、デビットカードは紐づけされた銀行口座の残金以上は決済できません。
銀行口座の残金をコントロールしておけば、万一事件に巻き込まれても最小限の被害で済むでしょう。
この点が、クレジットカードより安全と言われている理由です。

デビットカードの使い方

ATMから現金を引き出す方法

ATMでの現金引き出し法を簡単に説明します。
機械によっては若干操作方法が違う事もありますが、大まかな流れは以下の通りです。

1.カードを挿入口から入れる
入れる方向に注意しましょう。
カードが入らない場合は、無理に押し込まず、入れる方向を逆にしてみましょう

2.言語を選ぶ
英語かインドネシア語かを選ぶことができます。
英語の方が無難です。

3.暗証番号を入れる
暗証番号(PINナンバー)を入力します。
この時、6桁の数字を入れるように要求されますが、日本の暗証番号は4桁です。
4桁の番号を入力し、Enterキー(緑色のボタン)を押します

4.引出金額を指定する
画面に何種類かの金額が表示されますので、金額の横のボタンを押します。
表示されている金額以外の金額も指定できますが、慣れていない時は、表示金額の中から選ぶのが無難です

5.取引口座を選ぶ
どの口座から引き下ろすか、聞かれますが「SAVING(普通預金口座)」を指定してください。

6.レシートの有無
出金レシートが必要かどうか聞かれます。
トラブル防止のために、一応レシートはもらっておいた方がいいでしょう

7.お金が出てきます
取り忘れの無いように

8.PINナンバーを変えるか聞かれることもある
ATMによってですが、取引後PINナンバーを変えるか聞かれることがあります。
また、なぜかまたPINナンバー入力画面に戻ることもあります。
その場合は、テンキーのキャンセルボタン(赤いボタン)を押して取引を終了しましょう

9.カードの取り忘れに注意

お買い物の支払いをカードで行う

支払いをデビットカードでする方法はクレジットカードと同じです。

カードを店員さんに渡して決済をしてもらいます。
この時、決済用のカードリーダーに暗証番号(PINコード)を打つように指示されることがあります。
先ほどの現金引き出しと同じように、4桁打った後Enterキーを押せばOKです。

バリ島でつかえるデビットカード

VISA系デビットカードの方が安心

日本の銀行で発行されるデビットカードにはVISA系とJCB系があります。
バリ島では、VISA系デビットカードが使えるATMがほとんどで、JCB系デビットカードが使えるATMはほとんどありません。

バリ島でデビットカードを使うのなら、VISA系デビットカードを作ったほうが安心でしょう。

主要デビットカードの利用手数料

デビットカードによっては、利用時に手数料を取られるカードがあります。
また、海外で利用する場合は、海外通貨と日本円の為替レートも検討しなくてはいけません。
以下に、主要デビットカードの手数料と為替レートを掲載しておきますので、参考にしてどこのカードを作るのが一番いいかご検討ください。

銀行名引出手数料為替レート
三菱UFJ銀行110円VISA+3%
三井住友銀行110円VISA+3%
スルガ銀行220円VISA+3%
ソニー銀行220円VISA+1.76%
イオン銀行220円VISA+1.6%
楽天銀行無料VISA+3.024%
ジャパンネット銀行無料VISA+3.02%

都市銀行より、楽天銀行やジャパンネット銀行といった店舗を持たないオンライン銀行の方が、手数料、為替レートとも安いですよね。
生活費など日常的に使うお金は少額を何度も引き出すので、為替レートよりも手数料の方が重要になります。
ですので、手数料無料のジャパンネット銀行や楽天銀行がイチオシです。

関連記事

為替レートによる隠れ手数料がない海外送金サービス会社トランスファーワイズのデビットカードが日本でも作成可能になりました。
日本国内では使えませんが、海外でならATMから現金引き出しができます。
かなりお得なカードで、おススメです。
詳細は以下リンク先の記事をご覧ください。

トランスファーワイズのデビットカード


今回は、デビットカードを使って日本の口座から現金を引き出す方法を説明しました。
引出手数料などを考えると、現地銀行口座での管理がベストだと思いますが、まだ口座開設していないとか、それほど長期滞在はしないといった場合は、ATMで日本口座からの引き降しが一番かと思います。

バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ
バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ