バリ島日本人向け求人!おススメの仕事はコレ

日本人の求人情報

バリ島で働きたいけど、どんな仕事があるのだろう
日本人向けの求人を探していますが、ありますか?
仕事探しの方法や求人情報を知りたい

今回は、このような疑問にお答えしていきます。

バリ島は観光産業が中心のため、日本人向け求人の大半が観光業関係
また、ビザの関係で外国人ができる職種には制限があるので、求人も限られたものとなります。
さらに、日本のように求人に関する情報があまり出回っていないのも、求職者にとって問題点です。

この記事では、バリ島の日本人向け求人には、どのようなものがあるのか、また仕事を探すうえで知っておいて欲しい事を紹介いたします。

この記事を読んで頂ければ、バリ島の求人状況について理解ができます。
その事により、バリ島に移住してどうやって生活していこうか、より具体的な計画を立てることができます。

バリ島で仕事を探して生活をしたいと考えている方、必見の記事です。

注意

現在バリ島はコロナの影響で全く観光客がいない状況のため、日本人の求人はありません。
その為、今回はコロナ以前の状況を説明いたします。

YouTube動画でも簡単に解説しています

バリ島で多い日本人向け求人一覧

バリ島で多い日本人向け求人とその仕事内容や必要なスキルについて説明します。

  • ホテル・スパの求人
  • 現地旅行会社の求人
  • アクティビティ会社の求人
  • ウエディング会社の求人
  • フォトグラファーの求人
  • 日本語教師の求人
  • 看護師の求人
  • 調理師・板前の求人

ホテル・スパの求人

ホテルの求人

バリ島で最も多い求人がホテルやスパとなります。
ホテルやスパの求人は、ゲストリレーションもしくはマネージメントといった仕事です。

ゲストリレーションはお客様係

予約受付や説明、ご案内、クレーム対応などの接客業です。
必要なスキルとしては、接客業としてのスキルや経験
そして語学力です。

語学力ですが、インドネシア語より英語の方が重要視されます。
というのも、日本人ゲストリレーションでも、日本人以外のお客様のお相手をすることもあります。
その場合、英語が必要となるから。
社内スタッフとの意思疎通も英語ができれば、何とかなるので、インドネシア語より英語力を鍛えたほうがいいでしょう。

マネージメントは部下と職場の管理

つまり、現場管理職としての仕事になります。
必要なスキルは、マネージメント能力。
過去、スパやホテルのマネージャーの経験があるとよいでしょう。
もちろん、英語、インドネシア語の語学力も必要です。

セラピスト、ネイリストといった直接お客様を施術する仕事は、ビザの関係で外国人にはできません。
マッサージ技術があるからと言っても、なかなかそれを発揮する場面は少ないのですが、知識としてあるに越したことはないでしょう。

関連記事

バリ島でもっとも多いホテル求人について、より詳しい情報をまとめました。
ホテルで働いてみたい、という方はぜひこちらの記事もご覧ください

バリ島ホテルの求人状況

現地旅行会社の求人

旅行会社の求人

日本人観光客向けの旅行会社も定期的に求人を行っています。
ガイドやドライバーといった仕事は外国人にはできませんので、仕事はオペレーターやWebマーケティンとなります。

オペレーターの仕事

オペレーターとは、メールなどを介してお客様対応をし、旅行の予約手配をする業務です。
必要なスキルとしては、一般的なメール対応ができれば十分です。
旅行やバリ島に対する知識があまりなくても、周りの方がフォローしてくれるので心配いりません。

語学力も、社内はほとんど日本語環境なのでそれほど必要ないでしょう。
予約手配する時、英語やインドネシア語が必要になりますが、それほど難しい話はないので、心配いらないです。

Webマーケッターの仕事

Webマーケティングとは、インターネットなどを使った集客業です。
現地旅行会社の多くはネットを使った集客がメインとなります。
Webサイトを作ったり、SNSで集客する仕事となります。
ネットマーケティングの能力が必要となります。

アクティビティ会社の求人

アクティビティ会社の求人

ラフティングやマリンスポーツなど現地アクティビティ会社の求人も時々見かけます。
ガイドやインストラクターといった仕事はビザの関係で外国人はできません。
日本人向けの求人としては、マーケティング・営業の仕事になります。

マーケティングの仕事

マーケティングの主な仕事というと、旅行会社などを回って自社のアクティビティの売り込みです。
また、日本人客からの問い合わせやご案内、クレーム対応も任せられます。

必要なスキルというと、営業スキルとなりますが、語学力も必要です。
旅行会社と言っても日本向けだけではなく、英語圏の旅行会社も任されますので、英語力は必須と言えるでしょう。

ウェディング会社の求人

ウエディング会社の求人

神々の島バリ島で結婚式を挙げたい。
このようなニーズがあり、バリ島には何社もウェディング会社があり、日本人スタッフの求人もあります。

仕事内容はコーディネート

仕事内容としては、結婚式のコーディネートが主なものです。
お客様のヘアメイクなどの仕事もありますので、美容師の経験がある方の就職先としても有望
もちろん、ビザの関係で直接ヘアメイクはできませんので、現地スタッフへの指導やお客様との調整といった仕事となります。

日本の結婚式場での勤務経験などもあると就職に有利に働きますよね。

フォトグラフ会社の求人

フォトグラファーの求人

先のウエディング会社とかぶりますが、フォトグラファーの求人もたまに見かけます。
一番多いのは、ウエディング会社と組んで結婚式や結婚するカップルの写真撮影。
また、旅行会社と組んでツアーの写真撮影といった仕事も見かけました。

フォトグラファーというと、特殊技能になると思います。
日本でそのような仕事をしていたという経験があれば有利ですが、写真の専門学校卒という学歴も、良い条件になるでしょう。

日本語教師の求人

日本語教師の求人

インドネシア人に日本語を教える日本語教師の求人もたまに見かけます。
と言っても、学校の教師となると資格やビザの問題があるので、語学学校の助手や、スタッフの募集となります。

インドネシア人教師の会話の相手役や補助といった仕事が主になります。
ですので、特別な技術、スキルは問われませんが、日本での経験や日本語教師検定といった資格があった方が有利でしょう。

看護師の求人

看護師の求人

日本で看護師をやっていたので、病院などで看護の仕事はないか?
といった相談を時々受けますが、ビザや免許の関係で国人は医療業務には付けません。
ただし、外国人が利用するインターナショナルホスピタルから、コーディネーターや通訳としての求人が時々出てきます。

業務内容は、外国人の患者さんとドクターや看護婦さんとの通訳が主なもの。
直接医療行為を行うわけではないので、資格とかは不要ですが、看護師としての経験があれば医療知識もあるので、かなり有利になると思います。

語学ですが、日常会話レベルのインドネシア語は必要です。
ドクターは英語ができますが、細かい話となるとインドネシア語ができた方が意思疎通がうまくできます。
とはいえ、病院によっては、すべて英語でコミュニケーションを取るところもありますので、インドネシア語はちょっと、という方でもあきらめることはありませんよ。

調理師・料理人の求人

調理師の求人

バリ島で日本料理の調理師、料理人の募集はほとんどありません。
というのは、外国人は直接調理、接客することはできないからです。
あるとしたら、店長、マネージャーとして店内管理や現地コックの指導という仕事になります。

ただ、チェーン店やホテルに入っている大型店、高級店は日本の親会社などからの派遣がほとんどで、まず現地採用はないでしょう。
また、中小のお店ではオーナーがそのまま、店長をやっており、現地で日本人を採用という事は望み薄です。

本当にたまにですが、日本人の店長、マネージャーを探しているという話を聞きますが、現地スタッフの取りまとめが主な仕事なので、在住経験が長い人の方が優遇されています。

ビザや営業許可の関係で日本人ができる仕事は限られています。現場仕事というより、マネージメントやアドバイザーといった仕事な主なものです。

仕事探しをするための条件

バリ島など海外で日本人(外国人)が働くためには様々な条件があります。
つまり仕事探しをするためには、これから説明する条件をクリアーしておく必要があります。

仕事を探せ

会社組織への就職が必須

バリ島では外国人の個人事業は認められていません
日本人が働くには、必ずインドネシア籍の企業に所属しなくてはいけません。

また、日本人が付ける役職は以下の4つだけです。

  • 取締役(ディレクトール)
  • 監査役(コミサリス)
  • マネージャー
  • アドバイザー

この中で、取締役と監査役は経営陣になります。
自身が資本金を用意し起業して会社の経営者になる。
もしくは、既存の会社に投資をして、その会社の取締役になる。
といったパターンですね。

起業や投資するほどお金がない場合は、既存会社へ就職することになります。
一般的に日本人が会社に就職したら、マネージャー職かアドバイザー職になります。

マネージャーとは、現場責任者といったところです。
職場のスタッフを取りまとめて、業務を遂行する人で、専門知識と経験が必要。

アドバイザーとは、自分の持つ専門知識を使いインドネシア人スタッフを指導する役目です。

関連記事
バリ島での就職状況について以下の記事にまとめました。就職希望の方はご一読ください。
>>バリ島の就職事情

マネージャー職はその職場の管理を任される役職ですので、高い専門知識と能力、経験が要求されます。新規採用する外国人はアドバイザー職と採用されることが多いです。

就職するための条件

起業や投資によって経営陣になるのは、法律的に難しい事ではありません。
なぜなら、インドネシアとしても現地企業への投資は雇用創生にもなり大歓迎だからです。

しかし、自国民の雇用を守るために、外国人労働者を雇うには制限を設けています。
まず、外国人労働者の単純労働、直接的な接客業務などは許可されません。
外国人労働者は自身のスキルや経験を基に、インドネシア人を指導・教育するために雇用をするといった考えた方です。
ですので、外国人労働者は高度なスキルと経験を持っていなくては労働許可は降りません。

その為、ほとんどの会社は日本人の求人に次のような条件を付けています。

  • 大卒以上の学歴
  • 5年以上の実務経験
  • 最低年齢28歳

法律では、学歴や最低年齢の制限はありません。
しかし高度なスキル、経験が無いと労働許可が降りないので、学歴や年齢といった条件を付けています。

関連記事

バリ島で仕事を探して働くにはどうする?
そんな疑問への回答を以下の記事にまとめました。バリ島で仕事を探したい方、ぜひご一読ください。

>>バリ島仕事の探し方と働き方

バリ島で日本人が就職するには最低でも大卒、28歳以上という条件があります。この条件を満たしていないと、仕事を見つけるのは大変難しいです。

外国人が起業するには

自分は学歴もなく、また思うような就職先がない。
それなら、自分で会社を興して、経営者になればいい。
そのように考えるかもしれませんが、バリ島で会社を興すのは大変です。

外国人が起こせる会社はPMA(外資会社)と言われる株式会社です。
このPMA、現在の法律では最低資本金が10億ルピア=約8千万円
資本金の中には土地や有価証券なども含まれますが、現金だけでも最低2千万円は必要です。

関連記事

バリ島で起業したい!といっても日本で起業するようなわけには行きません。
バリ島での起業について詳しくまとめました。
起業したい、お店を持ちたいという方は、以下の記事もご覧ください。

バリ島での起業について

以前はもっと安い資本金で起業で来たのですが、数年前に法律が変わり現在のような厳しい状況となりました。個人で会社を興すのは難しいですね。

関連記事

バリ島で仕事を探して働くにはどうする?
そんな疑問への回答を以下の記事にまとめました。バリ島で仕事を探したい方、ぜひご一読ください。

>>バリ島仕事の探し方と働き方

就職以外の働き方

バリ島で働くためには就職が必要という事で説明をしてきました。
しかし、現在バリ島で働く日本人の中には、会社に就職しているという訳ではない方もいます。
そのような方は、どうやって働いているのか、就職以外の働き方について簡単に説明します。

職場での会議

起業もしくは投資して経営者になる

自身で会社を興す、もしくは既存会社に投資をして経営者になって働いてる方が多くいます。
しかし、先ほど説明した通り、外国人が会社を興すには最低でも8千万円の資本金が必要
どうやって、こんな大金を用意したのでしょう?

この最低資本金の法律ができたのは5年ほど前の事。
それまでは、もっと低い金額で会社を興すことができました。
現在、バリ島内で会社の経営者として働いている方の多くは、その安い金額で会社が興せた時代に起業した方です。

自分で資本金を準備して起業をしなくても経営者になる方法があります。
それは、既存の会社に投資をして、取締役になる事です。
だいたい500万円あれば、投資ができるそうです。

最近はこの既存会社への投資により部門担当取締役として活躍されている方もいます。

既存会社への投資は一から起業する事に比べコストもリスクも低くなるので、今後ますますこの方法で働く方が増えるかと思います。

パートナーの手伝い

インドネシア人と結婚して婚姻ビザで滞在している外国人は、そのパートナーの仕事を手伝う事ができるというルールがあります。
ただし、これはバリ島独自のルールのようです。

結婚相手の名義でレストランやカフェ、小さなホテルなどを開業し、そこで働いている人がいます。
ただし、あくまでパートナーの手伝いですので、直接的な接客などの業務はできません。
また、社員として給料をもらうという事もダメです。

Right Caption
トリイ

婚姻ビザは、仕事やビザ取得の面でかなり有利です。ただ、結婚相手を見つけるというハードルが最も高いです

婚姻ビザは仕事やビザ取得の面でとても有利です。そのため、偽装結婚という事を考える方もいますが、イミグレもその事を警戒し、結婚の事実調査にかなり時間を掛けるそうです。

ノマドワーカー

ノマドワーク

ノマドとは、フリーランス業務の一形態
日本で受注した仕事をバリ島で行っているというテレワークです。

就労法、入国管理法ではちょっとグレーな位置づけですが

  • 日本で受注した仕事のみ行う(現地での営業はしない)
  • 報酬は日本で受け取り、現地での金品の授受はない
  • 現地インドネシア人を雇用することはない

といった条件で、見逃してもらっているといった実態です。

フリーランスのテレワークですので、基本的にIT関連の仕事が多いです。
Webデザイン、プログラミング、イラストデザイン、写真加工などが主な業務です。

関連記事

フリーランスで働くのならノマドワーク一択と言ってもいいでしょう。
フリーランス、ノマドワークに興味がある方はぜひ、以下の記事もご覧ください。

バリ島でのノマドワークについて

バリ島はノマドの聖地と言われるくらい、ノマドワークをされている外国人が多いです。

インドネシア人名義の店舗経営

信用できるインドネシア人をパートナーとし、その方の名義でカフェやレストラン、小さなホテルなどを経営する方法です。
資本金やビジネスモデルの構築などは日本人が行い、実際の現場仕事はインドネシア人が行います。

ただし、この方法は違法行為ととられます。
外国人が資本提供をした場合、その事業はPMA(外資企業)とされ、先ほど説明したように最低でも8000万円の資本が必要となるから。

その為、この方法で経営をしている日本人は、あくまでその店舗名義人の友人という形にしておき、間違っても自分がオーナーとは口外しません。
(している方もいますが・・・)

インドネシア人名義ならお店を出すのも簡単なので、この方法を取る外国人も沢山いますが、法律的にグレーゾーンな事はお忘れなく

関連記事

ここで紹介したように、就職以外にもバリ島で働く方法はあります。
就職にとらわれず働きたいという方、ぜひ以下の記事もご覧ください。

バリ島で稼ぐ方法5つの方法


という事で、今回はバリ島での求人状況について説明をしました。

日本人はインドネシアにとって外国人であり、外国人が働くにはいろいろな規制があります。
その為、どんな仕事でもできるという訳ではなく、またノースキルではなかなか思ったような仕事にありつけません。

バリ島で仕事をしたい、働きたいという事でしたら、まずは雇ってもらえるようなスキル・経験を持つことが必要です。
なんでもやります、という考えは、もう通用しなくなっています。

バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ
バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ