日本一時帰国中に携帯・スマホを使う方法

日本で携帯電話、スマートフォンを使う方法

この記事はバリ島滞在者が日本に一時帰国した際、日本国内にて携帯やスマホを使う方法を紹介したものです。

日本一時帰国中に家族や友人、あるいは仕事関係の方にどうやって連絡を取りますか?
日本でスマホをレンタルするという方法もありますが、レンタルしたスマホでは住所録やアプリが使えず不便ですよね。

日本帰国中でもレンタルWifiや日本国内用SIMカードを使えば、自分の携帯やスマホを使う事ができるのです。

今回は日本一時帰国中にご自分の携帯やスマホを使う方法についてご紹介いたします。

日本で自分の携帯、スマホを使えるのなら関係者への連絡やネット利用が簡単にできます。
忙しい一時帰国中に簡単に連絡が取れるようになり、ぐっと行動範囲が広がるでしょう。

日本一時帰国時でも使える携帯、スマホをバリ島で購入する方法などはこちらの記事で詳細解説しています
バリ島移住生活の必需品!携帯、スマホの購入・契約方法

方法1:フリーWifiを使う

ホテルやカフェにはお客様が自由に使えるフリーWifiがあり、それを使えば簡単にネット回線に接続ができます。
また、大きな都市ならば街中にフリーWifiスポットがあり、外出時でもWifiが使えます。

フリーWifiの長所と短所

長所
フリーWifiは無料で使えます。
費用発生がありません。

短所
利用できる範囲が決まっていて、その範囲外では利用できません。
セキュリティにも不安があり、クレジットカード番号や大切なパスワードを盗まれる可能性があります。

方法2:レンタルWifiを使う

レンタルWifiは、小型のインターネット接続機器
これを使えば、どんなところでもネット回線に接続できます。
購入もできますが、少々高くてもったいないので、滞在日数に合わせてレンタルするのがおススメです。

レンタルWifiの長所と短所

長所
携帯の電波が入るところならどこでも使える
複数の人数でシェアができる
簡単な設定ですぐに使える

短所
機器の受け取りと返却が必要
故障や紛失時には弁償しなくてはいけない

おススメのレンタルWifi

レンタルWifiはネットで簡単にレンタル申し込みができます。
ここでは、数あるレンタルWifiの中でもおススメを紹介します。

Wifiレンタルどっとこむ

  • 1日からレンタルできるので滞在日数に合わせて無駄なくレンタルできる
  • 全国11か所の空港で受け取り・返却が可能
  • 専用コールセンターがあり、トラブル時も安心

SoftBankレンタルWifi

  • SoftBankの最新型4GLTEレンタルWifi
  • 容量無制限でYouTubeなど見放題
  • 羽田、成田、セントレア、関空で受け取り、返却可能

方法3:日本国内用SIMカード購入

日本国内用SIMカードを購入し、携帯、スマホに挿入して使用します。
SIMカードはプリペイド式なので、使用が終わったら廃棄します。返却は不要です。

国内SIMカードの長所と短所

長所
携帯の電波が入るところならどこでも利用可能。
携帯・スマホ以外の機器は不要。

短所
スマホ、携帯の設定が必要
空港での受け取りができない

おススメの国内用SIMカード

国内用SIMカードはAmazonなどの通販や大手電気店で購入できます。
ここではAmazonで購入できるおススメのSIMカードを紹介します。

Docomo回線プリペイドSIM【10GB180日プラン】

180日10GBのSIMカード。安心のdocomo回線利用。
それほどデータ通信をしない一般的な方向け

SoftBankプリペイドSIM【10GB4GLTE】

SoftBank回線を利用したプリペイドSIM。
容量は10GBですが、利用期限が無し。
長期間日本滞在の方向け。

DocomoプリペイドSIM【30日間無制限】

Docomo回線利用。30日間ですが、容量無制限で使えます。
YouTube視聴など大容量使用の方向け。

方法4:楽天モバイル

楽天モバイルは楽天が運営するデータ通信専用のモバイル用通信サービス
基本料金や契約手数料は無料で、1GB/月以内の利用なら通信費も無料
バリ島でもローミングサービスを使い使用可能。その場合2GB以内ならローミングサービス料も無料。
海外でも日本でも使える携帯、スマホです。

2022年7月より1GB/月以内なら通信費無料のプランは廃止され、最低でも月1,078円(税込み)の通信費が発生します。

楽天モバイルの長所と欠点

長所
とにかく安い!1GB以内なら無料、さらにいくら使っても2,980円/月。
バリ島でも利用可能。日本に良く帰国される方に超おススメ!

欠点
楽天ショップに行かないと契約できない。
日本国内ではまだ利用エリアに制限があります。

楽天リンクを使えば通話可能

楽天モバイルを契約すると使える楽天モバイル。
これは、データ通信回線を使った通話アプリで070で始まる電話番号も取得できます。

つまり、インターネットが使える環境なら、バリ島からでも日本からでも通話ができるのです。

私も利用している楽天モバイル
詳しい紹介体験談は以下ページにまとめてあります
海外移住先で楽天モバイルを使ったら便利でお得だった

1GBまで完全無料!楽天モバイルの詳細、お申し込みはこちら!

音声通話をする方法

今回ご紹介した方法ですが、すべてデータ通信回線利用なんです。
というのも、日本で音声通話回線を利用しようとしたら、Docomo,au,SoftBank等の通信会社と契約を結ばないといけないのです。
基本的にデータ通信回線はインターネットやメールの通信利用で音声通話は使用できません。

しかし、データ通信回線でも音声通話をする方法があるのです。
ここでは、その方法をご紹介します。

音声通話方法1:チャットアプリを使う

LINEやWhatsAppなどチャットアプリを通じて音声通話が可能です。

ただし、通話相手がLINEなどのアプリをインストールしていなくてはならず、またお友達登録などあらかじめ繋がっていなくてはいけません。
その為、アプリを使っていない方や、固定電話とは通話ができません。

音声通話方法2:IP電話を使う

IP電話とは、ネット回線を使った音声通話サービスで、このサービスを使えばデータ通信回線でも音声通話ができます。

IP電話050ブラステルは、スマホを使ったIP電話サービス。
登録すると050で始まる電話番号が取得でき、固定電話や携帯、スマホとも通話が可能です。
また、同じ050ブラステルに登録しているスマホ同志でしたら通話料は無料になります。

ブラステルの登録、利用方法は以下記事に詳細をまとめてありますので、ぜひご一読ください。
IP電話050ブラステルの使い方と登録方法

音声通話方法3:楽天モバイルを使う

この前の章で紹介した楽天モバイル。

楽天リンクというアプリを使えば、普通のスマホ同様、固定電話や携帯、スマホと音声通話が可能です。
しかも、通話料は無料。とてもお得ですね。
さらにSMSも使えますので、SMS認証なども可能!

おススメの方法です。

日本一時帰国中に携帯・スマホを使う方法まとめ

今回はバリ島在住者が日本に一時帰国した場合、日本国内で自分の携帯電話やスマートフォンを使う方法を紹介しました。

ホテル等のフリーWifiはお金もかからず経済的ですが利用範囲が限られまたセキュリティにも不安があります。
レンタルWifiなら利用エリア制限もありませんが、機器の受け取り、返却がちょっと面倒です。
日本国内用SIMカードは使い勝ってもよくおススメですが、空港での受け取りができません。
楽天モバイルは楽天ショップでの登録が必要ですが、1GB以下なら無料でバリ島に戻っても使えます。

以上の事から、楽天モバイルの利用が一番のおススメですが、手続等が面倒という方でしたら日本国内用SIMカードでもよいかと思います。

バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ
バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ