バリ島移住物語

バリ島で働きながら生活する事を夢見る3~40代の男性に、移住歴10年の筆者とりいが紹介するバリ島移住ノウハウブログ

BNI海外送金でのバリ島への送金について検討してみました

BNI海外送金について

バリ島移住に際し、送金問題で悩んでいる方も多いかと思います。

現金をカバンに詰めて持っていくという方法もありますが、生活費程度ならいいのですが家や土地の代金となるとちょっと怖いですね。
銀行口座での送金も調べてみると、結構手数料が高くつきます。

そこで今回目を付けたのが、BNI銀行の海外送金。
BNI銀行とはインドネシアの国営銀行で、東京にも支店があるのです。
バリ島と東京の支店に口座を持ては、同じ銀行での口座移動ですので手数料は安くなるのではないかと考えて調べてみたところ、BNIには海外送金サービスというのがあり、これを使うと国内銀行よりお得に送金できることがわかりました。

移住を計画されていて、お金の移動に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ちなみに、現金をもって渡航する場合ですが、日本を出国する時と、インドネシアに入国する時にちゃんと申告すれば、税金などは一切かからないそうです。
ただし、申告をしなかったり、虚偽申告をした場合は罰金として所持金額の10%が取られるそうです。

<目次>

BNI銀行とは

BNI銀行は正式名をBank Negara Indonesiaというインドネシア国営の銀行です。
1946年7月に設立され、インドネシアでは4番目に大きな銀行となります。
インドネシア各地の他、オーストラリア、カナダ、シンガポール、ソウル、香港などに支店があり、日本では東京(大手町)にも支店があります。
BNI東京支店のWebサイト

BNIの海外送金サービス

BNI東京支店の店頭に来店して、所定の手続きを踏めば、BNIの口座に送金することができます。
この場合、送金側はBNIの口座を持っていなくてもよいそうです。

送金手数料は、送金金額が50,000円以下の場合は2,000円、50,000円以上の場合は3,500円かかります。
また、送金依頼の際、身分証明書(パスポートや免許証)やマイナンバーカードが必要とのことです。

地方の方で来店が難しい場合は、BNI東京支店のWebサイトから送金依頼書をダウンロードして必要事項を書き込み、身分証明書、マイナンバーカードのコピーと一緒に現金書留で現金を東京支店に送れば、送金手続きをしてくれるそうです。

詳しくはこちらのサイトをご確認ください>>ご来店による送金(BNI東京)

BNIエクスプレス送金

バリ島在住者に生活費を送金するなど定期的に送金する場合はこちらのサービスの方がよさそうです。

このサービスは、あらかじめ送金内容(目的)や受け取り者の口座番号や氏名などを書面で銀行に登録します。
登録ができると、海外送金用口座番号(TRF番号)と個人識別番号(BNI番号)が記載された登録完了通知を受け取ります。

送金が必要になったとき、登録完了通知に記載された海外送金用口座にお金を振り込むと、そこから手数料を引いた額があらかじめ登録された受取人口座に送金されます。
送金専用口座への振り込みは多銀行からの振り込みでも、ネットバンキングでもよいので、いちいち東京の窓口に行く必要はありません。

送金手数料は、送金額が50,000円以下の場合は1,000円、50,000円以上の場合は2,000円と店頭での早期によりお得になっています。

詳しくはこちら>>BNIエクスプレス送金

BNI送金カードサービス

この送金サービスは、エクスプレス送金よりもさらに便利です。

まず事前に送金内容や受取人を登録しておきます。
登録が住むと、BNI発行の送金カードが発行されます。

送金をする場合は、送金カードを使い、ゆうちょ銀行のATMから入金します。
すると、入金された金額から手数料を引いた金額が登録されている受取人口座に送金されるそうです。

送金手数料は金額にかかわらず1,000円ですので、月々の生活費など定期的に少額の送金に良いと思います。

詳しくはこちら>>BNI送金カードサービス

他銀行との違い

BNI以外の都市銀行なども海外送金サービスを行っていますが、送金手数料がBNIに比べ高くなります。
また、他銀行はほとんどが円建てかドル建ての送金になりますが、BNIはルピア建てで、かつルピアの為替レートもかなり良いので、インドネシア国内に送金するのであればBNI銀行が一番お勧めできると思います。

BNIでのルピア為替レートはBNI東京支店のWebサイトに標示されています。
>>BNI東京支店サイト

ただし、サイトには記載されていませんでしたが、以前BNI東京支店に話を伺いに行った際、1日に送金できる限度額は100万円までという説明を受けました。
これはエクスプレス送金やカードサービスだけかもしれませんが、あまり多額の送金は、いろいろ問題がありそうです。

また、今回は送金時の手数料は送りて側しか調べておりませんでしたが、受け取り側も手数料が掛かるそうですので、ご注意願います。

まとめ

バリ島への海外送金についてBNI銀行の送金サービス利用を検討してみました。

結論として、サービスや手数料の面からして、バリ島に送金するのなら日本の都市銀行を使うよりBNI銀行を使ったほうがお得だと思いました。
特に、月々の生活費など、小額を定期的に送金するのなら送金カードサービスなどを利用すれば手間も少なく、手数料も安く済むと思います。

ただし、家の購入資金など高額の送金になると、ほかの銀行などと比較しながら検討した方がよいと思います。