バリ島移住生活でのお金の管理法

お金について

バリ島でのお金の管理方法

長期滞在の時、現金はどこに保管しておこう
現地で銀行口座って作れるのかな?
盗難やカードのスキミング被害が心配

バリ島での長期滞在や移住の際、現金を自宅やアパートに保管している方がいます。
しかし、これは盗難の心配がありおススメできる方法ではありません。

生活費などを安心して管理するのなら銀行に預けるのが一番です。
今回は、バリ島でのお金の管理方法として

  • ATMを使って日本の口座から引き下ろす方法
  • クレジットカードでのキャッシング
  • 現地銀行口座開設

について解説していきます。

バリ島の住宅は日本に比べてセキュリティーが甘いです。
多額の現金を自宅に置いておくのは、絶対に避けてください。

これからバリ島に長期滞在を計画している方、移住を予定している方は、盗難などの被害にあわないためにも、この記事を最後までお読みください。

日本の銀行口座から引き下ろし

お金の管理方法で一番簡単なのは、日本の銀行口座からATMを使って引き下ろすことです。

外国人が多数居住する、クタ、スミニャック、ウブドといったエリアでは各所にATM(現金自動引き出し機)が設置されています。
このATMを使って、必要なお金を引き出すことができます。

ただし、ATMからの引き出しには以下のような注意点があります。

  • 使えるのはVISA、Masterのデビットカードのみ
  • 引き出し手数料、為替損に注意
  • スキミングに注意する

VISA、Masterのデビットカード

海外のATMから日本口座の現金を引き出せるのは、VISA,Masterのデビットカードのみとなっております。
いぜんは、海外ATMカードという、海外でも使えるキャッシュカードがありましたが、現在は発行されていません。

デビットカードとは、カード支払いと同時に自身の口座から現金が引き落とされるカードで口座残高以上のお金は引き出せないことから、クレジットカードより安全と言われています。

引出手数料と為替損

海外で使えるデビットカードは、ほとんどの銀行が発行しておりますが、銀行ごとに使用料に差があります。
デビットカードを使た場合の使用料は、引出手数料と為替損を考えなくてはいけません。

引出手数料は、1回の現金引き出しごとにかかる手数料で、銀行によって無料という所もあれば、110円~210円取られるところもあります。

為替損について説明します。
バリ島で引き出せる現金はルピア(IDR)ですが、日本の口座に入っているお金は日本円(JPY)ですよね。
そのため、バリ島でIDRを引き出したら、その時の為替レートに沿って計算されたJPYを日本口座から引き下ろすのです。
その為替レートが銀行により違うのです。

ある銀行は手数料は無料だが、為替レートが悪い。
またある銀行は、手数料は210円かかるが為替レートが良い。
となるので、手数料だけではなく、為替レートも考える必要があります。

おススメの銀行口座

手数料と為替レートを踏まえて、おススメの銀行口座を紹介します。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は十店舗を持たないネット専用の銀行です。
両替レートはVISAレート+3.02%ですが、手数料は無料です。

楽天銀行

おなじみの楽天銀行。
こちらも両替レートはVISA+3.024%ですが、手数料は無料です。

ソニー銀行

ソニー銀行は引出手数料は220円(税込み)ですが両替レートはVISA+1.76%になります

関連記事

バリ島でのデビットカード利用については、以下の記事で詳しく解説しております。

バリ島でのデビットカード利用について

スキミングに注意

残念ながら、バリ島でも毎月のようにスキミング被害が報告されています。
スキミングとは、ATMに細工をしデビットカードのデーターを盗み取り、被害者の口座から現金を違法に引き出す犯罪。

このスキミング被害にあわないようにするために、次の事に気を付けてください。

  • 街中のATMは使わず、24時間セキュリティーのいる銀行備え付けのATMを使う
  • ATMで暗証番号を打ち込む際は番号を盗まれないよう、手元を隠す
  • デビットカードの口座には多額の現金を入れておかない

スポンサーリンク

クレジットカードの利用

日本で発行したクレジットカードを使い、お買い物やキャッシングをすることができます。

クレジットカードでの支払い

観光客が多いバリ島では、ほとんどのお店でクレジットカードが使えます。

ただし、次のような点のご注意ください。

  • レストランやスーパーマーケット、コンビニ等では利用できるが、小さなワルンや屋台では使えない
  • VISA、Masterカードは問題なく使えるがJCBはまだ使えないお店が多い
  • お店によっては利用金額の2~4%の手数料が別途請求される

クレジットカードでのキャッシング

銀行のATMを使って、クレジットカードキャッシングにて現金を調達される方もいます。

こちらも、VISA、Masterカードは使えますが、JCBは使えないと思っていてください。
また、デビットカードの所でも紹介しましたが、スキミングには注意してください。

関連記事

バリ島では日本で作ったクレジットカードが大活躍します。
その理由はこちらの記事をご覧ください

バリ島でクレジットカードって必要?

バリ島でクレジットカードを作る

移住暦が長い方の中で、バリ島のクレジットカードを作ろうという方がいらっしゃいますが、あまりお勧めできません
その理由は

  • 年会費無料というカードがほぼない
  • ポイントバックなどの特典が少ない
  • 加入条件が厳しい

関連記事

バリ島でクレジットカードを作ることをおススメしない理由は、こちらの記事に詳しく書いてあります。

バリ島でクレジットカードをおススメしない理由

現地銀行口座の開設

条件が許せば、現地銀行口座の開設をおススメします
その理由は

  • デビットカードを発行してくれる
  • ネットバンキングも可能
  • 預金金利が良い
  • 海外送金もお得

デビットカードの発行

バリ島の銀行はキャッシュカード(ATMカード)がデビットカードと兼ねているため、口座を作ると自動的にデビットカードも作ることになります。

デビットカードはATMからの現金引き出し以外にも、お店での支払い、ネット通販の支払い、といったクレジットカードと同じような機能もあります。

ネットバンキングも可能

現在、バリ島のほとんどの銀行でネットバンキングが可能です

ネットバンキングを使えば、ネット通販や公共料金、電話料金の支払いなどがキャッシュレスで行う事が出来、大変便利です。

預金金利が良い

若干下がったとはいえ、バリ島の銀行の金利は日本のそれに比べ大変お得です。

普通預金では0.5~2%
定期預金では3.5~5.1%

預金額によっては、利息だけで生活ができてしまうかもしれませんね。

海外送金もお得

日本から送金する場合、多くの送金サービスは銀行振込となります。
つまり、銀行口座が無いと、送金サービスが受けられないという事。

送金サービスを考えた場合、一番おススメできるのは、BNI銀行(Bank Negara Indonesia)です。
BNIはインドネシア唯一日本に支店を持つ銀行で、同一銀行での送金なので、日本からの送金が大変お得になります。

関連記事

BNI銀行をおススメする理由は以下の記事で詳しく解説しております。
>>銀行口座を作るのならBNIがおススメ

銀行系海外送金サービスならBNIをおススメする理由は以下の記事が詳しいです。
>>銀行系海外送金サービスならBNI銀行

バリ島に銀行口座を作るには

バリ島で銀行口座を作ることはそれほど難しい事ではありません。

KITASという居住許可証があれば、銀行窓口で簡単に口座開設ができます。
また、KITASが無い方でも、インドネシア人の保証人を立てれば、口座開設ができます(一部銀行では不可の所もございます)

関連記事

バリ島での口座開設については、以下記事をご覧ください

バリ島で銀行口座開設する方法

私の現金管理方法

最後に私の現金管理方法についてご紹介いたします。

現在はKITASも取っておりますので、BNI銀行の口座を開設し、そちらに現金をすべて預けております。
デビットカードを使い、必要額だけ引き出して使ております。

バリ島移住当時は、まだKITASはなかったので、日本の口座からATMカードを使い必要な金額だけ都度引き出していました。
当時は、まだ海外ATMカードが使えたので、三菱UFJ銀行と新生銀行のカードを使っていました。

なぜ、2銀行のカードを使っていたかというと、引出手数料とスキミング対策です。

新生銀行は引出手数料は無料だが、両替レートが悪い
三菱UFJ銀行は両替レートはよいが、手数料がかかる

そこで、毎月月初めにその月に生活費をネットバンクで三菱UFJから新生銀行に移し、必要額だけ新生銀行からおろしていました。
新生は引出手数料無料なので何回も引き出すのに有利。
また、万一スキミング’被害にあっても、口座に入っている金額しか被害にあわない。

関連記事

月々の生活費を日本の口座からATMで降ろしていたのですが、毎月どれくらいのお金を使っていたのか?
毎月の生活費についてまとめた記事がありますので、参考にしてください。

バリ島移住生活の生活費について

現在は、もっと有利なデビットカードなどが出ていますので、他にお得なやり方があると思います。
いろいろ検討して、安全でお得な方法で現金管理してみてください。

スポンサーリンク

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ
バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ