バリ島移住生活で国民健康保険と海外旅行保険は使えるのか?

バリ島移住で国民健康保険と海外旅行保険は使えるのか?

この記事は、バリ島移住の時、どんな医療保険を選んだらいいのかを筆者の実体験をもとに紹介したものです。

バリ島移住生活で心配な事は医療費
海外では医療費が高くつくと言われています。いざという時、適正な医療が受けられるように医療保険への加入は必要ですね。
では、どんな医療保険に入ったらいいのでしょうか?

日本で医療保険と言ったら、真っ先に思いつくのが国民健康保険。
そして海外での保険と言えば海外旅行保険。
ところが、この国民健康保険と海外旅行保険は、バリ島移住生活には十分とは言えないのです。

バリ島など海外に移住、長期滞在する場合の医療保険は現地の医療保険を利用するのが一番です。
また、現地で医療保険に入るまでの繋ぎとして海外旅行保険を使うのもいいでしょう。

この記事では、なぜ移住生活では国民健康保険や海外旅行保険は不十分なのかを解説します。
そして、海外移住におススメできる現地医療保険とはどんなものかも紹介します。

この記事を読んで頂ければ、バリ島など海外移住を始めるにあたって、医療保険はどうしたらいいのかがわかります。
適性な医療保険に加入すれば万一の時に十分な補償が受けられ、安心して海外移住生活を始めることができますよ。

バリ島移住生活で気になる、医療や保険、病気、健康管理など医療全般については以下の記事でまとめて紹介しています。
移住生活で病気、ケガなど医療について気になる方はぜひご一読ください。
バリ島移住での医療、保険、健康管理

バリ島移住での国民健康保険

結論から言うと日本の国民健康保険はバリ島など海外に移住する場合は使えません。

移住したら健康保険は使えなくなる

海外移住をする場合、転出届を出して住民票を抜きますよね。

住民票を抜くと、その地方の健康保険組合から脱退しなくてはいけません。
つまり、住民票を抜いた時点で、国民健康保険は一切使用することができなくなります。

では、住民票を抜かなかったら?
住民票を抜かなかったら、国民健康保険の加入は継続できます。
しかし、住民税や所得税の支払い義務などもあり、法律でも1年以上海外に居住する場合は住民票は抜くことになっています。

現地医療費は帰国後清算

もし、住民票を抜かずに国民健康保険に加入していたら。

海外での怪我や病気の医療費でも、国民健康保険はカバーしてくれます。
ただし、日本国内のように、保険から直接医療機関に医療費の支払いはありません。

療費は、一旦本人が全額負担します。
そして、日本に帰国後、領収書や診断書などの必要書類を健康保険組合に提出し、やっと医療費を還元してもらう事ができます。

さらに、健康保険の時効は2年。
つまり、医療を受けた日から2年以内に帰国し、保険の手続きをしなくてはいけないのです。

補償額は医療費の70%

こうやって、国民健康保険で医療費を補償してもらっても、補償額は全体の70%。

医療費が10万円だったとしても、保険から帰ってくるお金は7万円です。

このような理由から、海外移住生活では国民健康保険はあまり使えないと思われます。

バリ島移住での海外旅行保険

日本の海外旅行保険は移住、長期滞在に対応していません。

海外旅行保険の移住に対する対応

日本の保険会社が販売している海外旅行保険は、おおよそ以下のような決まりがあります。

  • 留学や商用目的なら最長2年間、その他の場合は1年間しか保証しない
  • 海外企業で働く場合は、補償しない(保険適応外)
  • 6か月を超えるビザや居住許可で海外に滞在する場合は、海外旅行保険は使用できない

各保険会社の長期保険の実際

それでは、代表的な海外旅行保険の長期保険に関する各保険会社の決まりを見ていきましょう。

AIG損保(旧AIU保険)

海外企業に就職、就労する場合は、海外旅行保険は利用できない。
ロングステイの場合も最長6か月までしか保証しない。

損保ジャパン

商用や留学での海外滞在の場合は、最長2年まで。
その他の長期滞在は1年まで。
それ以上滞在する場合は、一旦日本に帰国し、新たに保険契約をやり直す。

東京海上日動

6か月以上滞在できるビザや滞在許可を使って滞在する場合は、海外旅行保険は利用不可。
その他の場合でも最長2年間までしか保障しない。

三井住友海上

長期の海外旅行保険は最長1年まで。

クレジットカード付帯保険

一般的なクレジットカード付帯保険は、海外旅行時の補償は最長90日まで。

バリ島移住でのおススメの医療保険

バリ島移住には現地の医療保険に加入するのがおススメです。

現地医療保険とは

現地医療保険とは、インドネシアの保険会社が扱っている医療保険です。
インドネシアの保険会社と言っても、ほとんどが海外の保険会社との合弁会社
インドネシアの法律で、外資100%の会社は作るのが難しいので、現地との合弁会社という形をとっています。

基本的には、インドネシア国民向けの医療保険ですが、インドネシア国内に在住の外国人の加入も可能です。
補償金額も、コースによっては日本人でも十分な額はあります。

ただし、ほとんどの保険が、外国人の加入にはKITAS(居住許可)が必要
VOAやシングルビザ、ソシアルビザといった短期滞在ビザでは加入ができません

現地の医療保険については以下の記事に詳しく解説しています。
バリ島の海外移住者向け現地医療保険について

移住開始時には海外旅行保険

バリ島に移住される方の中には、まずはVOAやシングルビザなどで暮らし始め、それから長期滞在ビザ、KITASを取得される方が多いでしょう。
そうなると、現地の医療保険には加入ができません。

そこで、おススメしたいのがとりあえず海外旅行保険をかけてくる事。
海外旅行保険なら、出発した時点から保険が効きますので、移動中の事故や病気にも対応可能。

3~6か月程度の海外旅行保険に加入して、バリ島へ渡航。
海外旅行保険の期限が切れる前に、現地の医療保険に加入すれば、万一のことがあっても安心です。

バリ島移住での医療保険まとめ

今回は、バリ島移住での医療保険について紹介しました。

日本の健康保険や海外旅行保険は、バリ島などの海外移住にはちょっと使えません。
移住生活を安心して送るには、現地の保険会社が販売している医療保険に加入するのが一番です。
しかし、現地の医療保険に入るにはKITAS(居住許可が必要)

そこで、まずは3~6か月程度の海外旅行保険をかけて渡航。
その海外旅行保険が切れる前に現地の医療保険に加入すれば、ずっと保険がかかっているので、安心して移住生活が送れます。

バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ
バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ