バリ島移住物語

バリ島で働きながら生活する事を夢見る3~40代の男性に、移住歴10年のもんぶぅが紹介するバリ島移住ノウハウブログ

バリ島でアメーバ赤痢という病気になってしまいました。

アメーバ赤痢になってしまいました

 

海外に移住するとき、心配なのは病気にかかってしまう事ですよね。
風邪や腹痛など軽い病気ならそれほど心配は無いのですが、日本では聞いたことのない病気になったら、すごく不安になります。

もんぶぅがバリ島に移住して半年くらいたった時、アメーバ赤痢という病気になってしまいました。

赤痢だけでも驚きですが、さらにアメーバもついてしまう!
いったい、どうなるんだ?
と心配でしたが、病院で薬をもらったら、すぐに治ってしまいました。

それでも、後で調べたら、結構危険な病気だったようです。

今回は、このアメーバ赤痢の闘病記を簡単にご紹介します。

もし、バリ島などでアメーバ赤痢にかかってしまったら・・・
ボクの体験記を読んで、大いに安心して下さい。

この記事は2009年2月18日に投稿し、2018年7月14日に修正加筆しました。

 

<目次>

 

アメーバ赤痢とはどんな病気

ボクがかかったアメーバ赤痢ですが、Wikipediaなどで調べると、以下のように説明されています。

アメーバ赤痢は赤痢アメーバによる伝染病で日本では五類感染症に指定されています。
この病気に感染すると大腸や直腸に潰瘍を生じ、いちごゼリー状の粘液血便を日に数回から十数回排便する。
通常はそれほど重篤な事態にはならないが、場合によっては脱水症を引き起こし、現在でも年間40,000~100,000人の死亡者を出しているとのこと。
また、赤痢アメーバは大腸に寄生し、糞便中にシスト(包嚢)を排出するそうです。
この排出されたシストにより、アメーバ赤痢が感染するわけです。

簡単に考えていたんですが、結構危険な病気なんですね・・・

 

ボクがアメーバ赤痢になったときの経過

1日目(土曜日)

昼ご飯を食べた後から、寒気がしてきて、仕事が終わり家に帰ると、ますます寒気がし、頭痛もしてきました。
体もだるく、食欲もなかったのですが、友人が作ってくれたおかゆを食べて早めに就寝。
しかし、夜中に何度も寒気で目が覚め、ちょっとこれは単なる風邪ではないぞと感じました。

 

2日目(日曜日)

寒気と頭痛で朝早く目が覚めてしまったので、タクシーを呼んでBIMCというインターナショナル病院に。
病院で熱を測ると38.8度!
寒気と頭痛と発熱だけだったので、鎮痛解熱剤をもらい帰宅。
ただ、お医者さんから下痢をしたら連絡するようにと言われたので、すでにアメーバ赤痢の疑いがあったようです。

家に戻り飲んだ薬が効いてきたのでしばらく寝ていました。
昼過ぎに起きて、だいぶ体が楽になったので、昼ご飯にパンを食べて、またうとうとしていましたが、2時ごろからおなかが痛くなりだしたのです。
トイレに行ったら、水っぽい下痢だったので、すぐに病院に連絡し、再度病院に行きました。

病院では血液検査と検便をしたのですが、その時採取した便が、まさしく「いちごゼリー」状態。
便の検査は3時間くらいかかるので、腹痛の薬をもらって一旦帰宅。

家に帰っても、下痢は収まらず1時間に1回はトイレに行く状態です。
夕方になって病院から電話があり、やっぱりアメーバ赤痢だったので、病院に来るように言われました。

病院では、アメーバ赤痢の簡単な説明があり、薬を17日分渡されました。
薬は2種類あり、最初の薬は1日3回、10日分、それが終わったら次の薬を1日3回7日分飲みなさいという指示。
体調がよくなっても、かならずすべて飲み切るように言われて帰宅。
薬を飲みましたが、下痢は収まらず、夜遅くまでトイレとベットの往復は続いたのです。

それと、下痢が続くと脱水症になる恐れがあるから、必ず水をこまめに飲むように言われました。
おかげで、水飲む→下痢する→水飲む→下痢するの繰り返しでした

 

3日目(月曜日)

下痢は収まり、熱も引いてきましたが、まだお腹が痛いので、仕事は休んで、一日寝ていました。

 

4日目(火曜日)

お腹の痛いのも治り、だいぶ元気が出てきたので、この日から仕事復帰

 

6日目(木曜日)

便も普通になり、体調もほぼ普通になってきました。

 

だいたい一週間程度で体調も食欲も便も普通に戻りましたが、お医者さんん言われたように薬はすべて飲み切りました。

 

アメーバ赤痢の感染源は?

アメーバ赤痢の感染源ですが、不衛生なワルンや屋台での食事、生水を飲んだ、拾い食いをしたなど考えましたが、どうも同居していた友人が感染源だったようです。

当時、ボクは会社が用意した寮に住んでいましたが、同じ寮に住んでいた友人が一か月前にアメーバ赤痢に感染したのです。
その子も病院で薬をもらっていたのですが、薬を飲んでいる間はアルコールを控えることという忠告を聞かず、10日目からビールを飲み、薬もすべて飲み切らなかったとのこと。

調べたら、アメーバ赤痢が治るころになると、大腸に寄生した赤痢アメーバがシスト(包嚢)という、卵みたいなものを放出し、感染が広がるそうです。
多分、アメーバが死んでしまう前に、子孫を残すために盛んにシストを出すのでしょうね。

だから、薬をしっかり飲み切って感染を防ぐ必要があったのですが、その子は最後まで飲み切らなかったので、ボクが感染してしまったようです。

 

アメーバ赤痢って隔離されなかったの?

アメーバ赤痢と聞いたとき「隔離」「入院」という言葉が浮かんだのですが、薬を渡され、帰宅させられました。

一応、看護婦さんに聞いたら、結構ポピュラーな病気なんで薬をしっかり飲めば、普通に生活していても大丈夫だそうです。
念のためトイレの後や食事の前にはしっかりと手を洗う事と、他の人とは食器を別にスリ用に忠告を受けただけでした。

ちなみに、日本で発病したら、即隔離入院です!

 

アメーバ赤痢の治療費は?

気になる治療費ですが、ボクはこの時、海外旅行保険に入っていたので、治療費はタダ、全くお金は払いませんでした。

他の人に聞いたら、BIMCはインターナショナル病院で薬代も高いので、保険がなければ5万円くらい取られていたかもしれないと言われました。

保険に入っていてよかった~

移住するときには保険には絶対入っていましょう。
保険についての詳しい説明はこちら
>>バリ島移住・ボクは健康保険はやめて海外旅行保険に入った

 

アメーバ赤痢って性感染症なんですって

病気の事を調べていたら、アメーバ赤痢は性感染症(性病)という記述がありました。

は?どういうこと?

実は、先進国において性交渉でアメーバ赤痢が感染する事があるんです。
これは、性交渉中にアナルを舐めるアニリングスという愛撫行為があり、その時にアメーバ赤痢に感染してしまうという事です。

アナル舐めをする場合は、相手にアメーバ赤痢などにかかったことがないか確認しましょうね。

 

まとめ

日本などでは大騒ぎになるアメーバ赤痢ですが、バリ島など東南アジアの国々では、まだポピュラーな病気だそうです。
ポピュラーな病気なので治療法や薬剤もしっかり確立していますので、感染しても恐れる必要はありません。
ただし、ちゃんとお医者さんに治療してもらわないと、最悪死に至る病気ですので、必ず病院に行くようにしましょうね。