バリ島の仕事探しはどこでする?

バリ島の仕事はどこで探す?現地で探すのがおススメです

バリ島で働きたい。
バリ島での仕事を探している。

今回は、このようなお悩みをお持ちの方向けの記事となります。

バリ島の仕事を探すとき、どこで探しますか?
日本で仕事を探し、見つかってからバリ島に行きますか?
それともバリ島に来てから仕事を探しますか?

私は2008年にバリ島に移住し、現地で仕事探しをして、希望する仕事に就くことができました。
その時の経験や、その後の移住者の状況を見ていると、「バリ島の仕事はバリ島で探すのが一番よい」と断言できます。

その理由は

  • 情報が入りやすい
  • 現地生活に慣れる
  • 移住に対するストレスが少ない

ということからです。

今回は、バリ島の仕事探しは現地で行うのが良いという理由についてさらに詳しく説明します。
また、仕事探しをする前にやっておかなくてはいけない事も解説。

この記事を読んで頂くと、バリ島の仕事探しについての迷いがなくなり、自分が望む仕事を見つけることができます。
それによって、後悔しない移住生活が遅れるでしょう。

YouTube動画でも解説しています。通勤中などに聞き流してください。

関連記事

バリ島の仕事探しは現地で行う。
では現地での仕事の探し方はどうするのか?以下の記事でそんな疑問にお答えします。

>>バリ島仕事の探し方と働き方

理由1:情報が入りやすい

現地にいた方が本当の情報が手に入る

日本でバリ島の仕事を探すとなると、ネット情報くらいしか入手できる情報がありません。

ネットでの情報は基本的に雇用者側が流す情報です。
自分たちに都合の悪いこと、不利益な情報は流れてきません。
つまり、本当の姿は見えてこないのです。

しかし、バリ島現地にいけば、その雇用者側のいろいろな情報が入手できます。
うわさ話や、過去の事例、あるいはスタッフや、元スタッフの話も聞けるかもしれません。
何より、直接その会社を見に行くことが簡単にできるのです。

日本にいたのでは見えなかったこと、知らなかったことが分かるのです。

ネットでは流れてこない情報を入手できる

仕事情報はネットだけではありません。
口コミや人の紹介なども重要な情報です。
また、語学学校や日本人が集まるコミュニティなどにも、いろいろな情報が集まります。

このようなネット以外の情報は現地でなくては手にできません。

現地にいた方が、日本にいるよりずっと多くの情報が入手できます。
そうすれば、選択肢も増え、自分に合った仕事も見つかる可能性が広がります。

バリ島なら日本より多くの情報が手に入ります。その事により選択肢も増え、自分が希望する仕事も見つかりやすくなります。

理由2:現地生活に慣れる

南国暮らしに慣れる

日本とバリ島では生活環境や常識、人付き合いなどが大きく違います。
そのため移住をしたけど、どうしてもバリ島生活がなじめないという方が出てきます。

日本で仕事を決めてからバリ島に来たけど、バリ島生活になじめない。
だけど仕事を放り出して日本に帰ることはできない

このような不幸を回避するには、仕事を決める前に何か月かバリ島生活を体験してみる事です。
まずバリ島に来て、移住生活を体験しながら仕事を探す方が、移住生活の失敗リスクが抑えられます。

日本で仕事を決めてバリ島に来たけど、現地の生活になじめず大変な思いをした人、結構いますよ。

理由3:移住に対するストレスが少ない

ストレスフリー

日本でバリ島の仕事探しをしていると、必ず周囲から言われる言葉

なんで、バリ島なんか行くの?
日本で暮らせばいいじゃない。
日本の生活から逃げているんじゃないの?

家族や友人、あるいは職場の同僚や上司からのこんな言葉、結構ストレスになりますよね。

特に、職場ではなるべくやめてもらいたくないから、移住を引き留められたりします。
移住を考えている人は、職場や生活環境を変えたくて移住を検討しているはず。
それなのに、引き留められると、心が揺れたり、ストレスになってしまうんですよね。

だから、移住を決めたらさっさと実行した方がいいのです。
周りから引き留められたり、説得される時間を与えない方がいいのです。

そのような理由で、まずは現地での仕事探しをおススメしています。

まずは、辛い今の生活を変えましょう。そうしないと自分が潰されてしまいますよ。

バリ島で仕事探しをするためにしておかなくてはいけない事

まずは、今の日本の生活を抜け出す。
そして、新天地バリ島で仕事を探しながら、生活をスタートさせる。

しかし、バリ島で仕事探しをするためには、やっておかなくてはいけないことがあります。

まずは1年暮らせるお金を貯めよう

仕事が決まるまでは無収入です。
ビザの関係で、アルバイトなんてできません。
ですので、1年くらいは暮らせるお金をためておきましょう。

バリ島で1年暮らすためにはいくら必要か?
以前、こちらの記事でバリ島移住の必要な金額を紹介しました。

バリ島移住の生活費

毎月の生活費が5万円。
ビザ代(ソシアルビザ)が半年で6.5万円。
住宅費が月2万円。

トータルで100万円あれば1年間は暮らすことができます
上手く節約すれば、もっと少額でも生活できるでしょう。

今の生活から抜け出すために、まずは100万円、ためましょう。

友人を作ろう

仕事を探すにも、住むところを探すにも、人と人のネットワークがすごく大切です。
ネットワークがあれば、いろいろな情報が入ってくる。
さらに、困った時、ピンチの時、助けてくれる人も現れます。

このネットワークは、仕事が決まった後でも、ずっと大切なものになります。

仕事を探すのも大切ですが、まずは現地の人のネットワークつくりをしましょう。

バリ島の生活に慣れよう

バリ島は生活環境をはじめ、多くの事が日本とは違います。

何十年も生きてきた、環境、常識、考え方がひっくり返るような事もあります。

まずは、バリ島の生活に慣れましょう
慣れないうちに仕事を始めると、どこかで無理が起きます。

車のアイドリングと同じです。
いきなりフルスロットルにはできません。
徐々に、体を慣らしていきましょう。

バリ島に移住したらすぐに仕事をしたいという気持ちもわかりますが、まずはゆっくりとバリ島に慣れてネットワークを作りましょう

バリ島の仕事探しのまとめ

まずはスタートしてみよう

バリ島での仕事探しは現地で行う理由について説明しました。

一番大きな理由は、現地の方が情報が多く入ってくるので、選択肢も増え自分に合った仕事が見つかりやすいという事です。
また、仕事探しをする前に現地の生活に慣れておく必要もあります。
さらに、日本で無駄な時間を過ごすよりも、まずは移住してしまった方がストレスも減り、自身の幸せも見つかりやすいでしょう。

そして、現地で納得いく仕事を探すには、時間がかかる事も忘れてはいけません。
そのためには当面の生活費も必要。
とりあえず100万円程度は稼いでおく必要があります。

という事で、バリ島の仕事探しは現地で行うのが一番というお話でした。
まずは行動!自分の足で走り出しましょう。

関連記事

バリ島の仕事探しは現地で行う。
では現地での仕事の探し方はどうするのか?以下の記事でそんな疑問にお答えします。

>>バリ島仕事の探し方と働き方

バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ
バリ島移住についての質問、とりいがお答え!
ご質問はコチラ