fbpx

海外移住先にバリ島ウブドを選んだ理由

移住について

海外移住先にバリ島ウブドを選んだ理由

Bethさんによる写真ACからの写真

海外移住を考えるうえで、移住先の選定はとても重要な事です。

移住を成功させるために、実際そこに住んでいる方に、意見を求めたいという方は沢山います。

そのため、私は次のような質問をよく頂きます。

どうして、とりいさんはバリ島に移住しようと思ったのですか?
どうして、ウブドを選んだのですか?

どうして、私は移住先にバリ島ウブドを選んだと思いますか?

それは、次のような理由だからです。

  • 日本からそれほど遠くない海外だから
  • 日本と食文化が近いものがあるから
  • 住んでいる人が穏やかで優しいから
  • 日本人コミュニティーがあるから
  • 言葉が簡単だから

意外と、簡単な理由だと思いました?
もっと、仕事とか、家とかビザとかの理由があったかと思いましたか?

仕事や家、ビザは何とかなると思っていました。
それより、文化や風土、そして人間関係がもっと重要かと思い、バリ島ウブドを選んだのです。

今回は、なぜ私が海外移住先にバリ島ウブドを選んだのか、より掘り下げたお話をしていこうと思います。

 

日本からそれほど遠くない海外だから

バリ島は日本から直行便で6-7時間
乗り継ぎ便を使ったとしても、10-12時間程度で来ることができます。

たしかに、国内移動と比べたら時間がかかりますが、アメリカやヨーロッパと比べたら短時間で移動することができます。

短時間で移動できるという事は

  • 家族に何かあった時、すぐに日本に帰ることができる
  • 友人などが気軽に遊びに来てくれる
  • 一時帰国の旅費が安上がり

といった利点があります。

そのような理由で、移住先選定はまずは東南アジアエリアとしました。

 

日本と食文化が近いものがあるから

バリ島は米食文化です。
主食がお米などで、食文化が日本に近いものがあります。

確かに、辛いものは多いですが、おかず類は基本的にお米のご飯に合うものばかりです。

また、もち米があるので、お菓子も日本人の口に合います。

なんせ、日本に40年以上も暮らしていましたから、米食文化からは離れられないと思い、おこ値を主食にしている国を移住先に選定しました。

 

スポンサードサーチ

住んでいる人が穏やかで優しいから

数回、バリ島に旅行してわかったのは、基本的に穏やかな人が多いという事です。

確かに、中には乱暴な方もいますし、怒ったら怖い方もいます。
しかし、日常的に、らんぼうものは少ない場所です。
多分、宗教や文化によるものが大きいと思います。

穏やかな人が多い場所なら、安心して住むことができると考えました。

いや、インドネシアはテロがあっただろう!

たしかに、2002年と2005年に自爆テロがありました。
しかし、現代ではどこに暮らしてもテロの危険性はあります。
テロでなくても、無差別殺人事件などが毎月のように新聞に載ります。

ですので、テロの危険性については、それほど大きな心配はしませんでした。

 

日本人コミュニティーがあるから

せっかく海外に住むのに、なんで日本人コミュニティーが必要なのですか?

こう考える方も多いと思います。

しかし、ちょっと考えてみてください。
日本人が海外に住むという事は、回るはすべてアウェーなんですよ。

そんな状況の中で、同じ日本人のコミュニティーがあるという事はとても心強いものがあります。

言葉の面や文化、生活の面でどうしても外国人とはギャップが発生します。
そんな時、周りに同じ国の人がいないと、かなりつらいものがあります。

確かに、中には完全アウェーの中で生活している日本人もいます。
しかし、小心者の私は身近に日本人がいるところを、優先させて選びました。

 

言葉が簡単だから

じつは、最後の最後までバリ島にするかタイにするか悩みました。

タイも、お米文化の国で、日本人コミュニティーもあり、住みやすいと感じました。

しかし、最終的な決断は言葉の問題です。

インドネシアの公用語は約70年前に作られた言葉で、自国語の次に優しい言葉と言われています。
また、文字もなじみのあるアルファベットを使っています。
発音の面でちょっと難しいところはありますが、ローマ字読みで発音すれば何とかなります。

それに対して、タイは文字が読めません。
発音も、抑揚があり40過ぎのおじさんにとって、タイ語の習得は無理と感じたのです。

その後、バリ島で生活して、インドネシア語もなかなか難しいところがある事
そして、タイ語も住んでみれば何とかなると思った事
がありましたが、移住時点ではタイ語は無理と判断しました。

 

まとめ

今回は、なぜ私が海外移住先をバリ島ウブドにしたのか、その理由を説明しました。

移住先を選定するにあたり、何を重要視するのかは、人それぞれだと思います。
また、アジアより、アメリカがいいとか、ヨーロッパに住みたいといった好みや思いもあるはずです。

ですので、私がバリ島ウブドを選んだ理由はすべての方の参考になるとは思ってもみません。

ただ、海外移住は人生の中で大きな決断です。
もしかしたら、その後の人生を劇的に変化させる可能性もあります。

ですので、移住先を選ぶときは、今一度、なぜそこを選ぶのかという事を自問自答してみるといいかと思います。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ