仕事・起業

バリ島移住で大切な問題は資金です。貯蓄など十分な資金がない場合はバリ島で仕事を探さなくてはいけません。バリ島で仕事を探すとなると、既存の会社に就職するか自分で起業するということになりますが、どちらの道を選ぶのかを解説してみました。

仕事・起業

バリ島移住者にとって理想的な仕事とは、自分のライフスタイルを優先することができる仕事だと思います。そして、自分のライフスタイルを優先できる仕事を実現する方法は、起業することだと思います。起業することによりライフスタイル重視の移住生活を手に入れましょう

仕事・起業

バリ島の仕事探しの中で今でも一番人気と言えばホテル求人となります。日本語ができるスタッフがいても日本人旅行者は日本人スタッフを要求しますので、この仕事はなくならないと思います。今回はバリ島におけるホテル求人の現状についてご紹介していきます。

仕事・起業

バリ島への移住を考えた時、大きな問題はお仕事ですよね。日本人がバリ島で働くにはビザや労働許可など様々な壁があります。このページでは、バリ島での日本人の就職状況やおススメの仕事などの情報をご紹介していきます。

ビザ・諸手続き 仕事・起業

2018年7月1日にバリ島を含むインドネシアでの外国人就労に関する規則が大幅に変更されました。これにより、外国人がバリ島で働くためのルール、手続きが変更となり、ビザやKITAS取得がよりスピーディーとなりました。今回はこの規則変更についてご案内いたします。

仕事・起業

バリ島で起業するには、費用がいくら必要でしょうか?正式な会社を作るとしたらまず資本金が必要ですが、外国人資本による会社(PMA)を作るには100憶ルピア以上の資本金が必要となります。この資本金と外国人雇用の関係について説明をします。

医療・健康

(2018/12/04UpDate)旅行などでバリ島に滞在中に下痢になった方は多いと思います。大半の方は俗にバリ腹と言われる細菌性の胃腸炎による下痢ですが、中にはアメーバ赤痢など重篤な伝染病にかかってしまうこともあります。筆者が体験したアメーバ赤痢についてご紹介いたします。

住宅・土地

バリ島に移住、長期滞在するには、まず住むところが必要です。しかし、いきなり家を建てたり、ヴィラを借りたりするのは危険です。インドネシアの土地や家屋に対する法律や常識は日本と大きく違っています。まずは希望エリアに数か月仮住まいして、はっきりと見極めることが大切だと思います。

ビザ・諸手続き

海外移住の事前準備で忘れがちなのが運転免許の更新です。運転免許更新期間中に日本にいない場合は、事前更新を忘れずに行っておきましょう。また、海外長期滞在により更新ができなかった場合、失効日から3年以内であれば学科、実技試験免除で免許再取得ができます。

生活ノウハウ

バリ島に長期滞在をするにはインドネシア語が必須です。特にバリ島で仕事をしようというのなら、語学力の向上は大切です。僕は語学留学校Siki Baliで基礎を学び、ホームステイで実践力を向上させ、インドネシア語を学びました。