移住について

海外移住にあこがれている方が、なかなか移住への一歩が踏み出せないのは、うまくいくのだろうかというお悩みや不安があるからです。そんなお悩みや不安を解消する方法は、半年という期間を設けてのお試し移住なのです。半年間の移住でその土地との適性を見たり、現地の生情報から住宅や仕事を探したりと、本格移住のための準備期間としてお試し移住をお勧めします。

住宅・土地

バリ島に移住、長期滞在していると自分の家を持ちたくなります。そうなった場合、一番の問題は外国人でも土地の購入はできるのかという事です。結論から言いますと、有期限ですが外国人も土地を所有する権利が認められています。土地の金額やKITAS所持と言った条件や最長80年という期限はありますが、土地台帳への登記や権利書も発行されます。今回はバリ島での土地購入や投機についてなるべくカンタンに解説します。

仕事・起業

バリ島での仕事探し情報はネットで沢山出ておりますが、ほとんどが求職側目線のものばかり。筆者はバリ島の会社で長年求人担当をしてきて、その経験の中から、求人側から採用情報やアドバイスを送りたいと思います。参考にしていただけると嬉しいです。

仕事・起業

海外起業をお考えのアナタ!バリ島での起業は検討してみましたか?観光業以外でも多くのビジネスチャンスが広がっているバリ島での起業は、ビジネス面では十分アリなのですが、法規制の高い壁が多くの問題を生んでいます。そんなバリ島での起業の現状をご紹介します。

仕事・起業

バリ島で起業した事業も軌道に乗り、事業拡大などを考えたとき、同じ日本人のスタッフが必要と考える時期が来ます。とはいえ、日本のように簡単に日本人を募集し雇用するわけにはいきません。バリ島で日本人スタッフを雇うときの問題点などをまとめてみました。これから事業を拡大しようという起業家の方に読んで頂きたいです

生活ノウハウ

バイクや車は登録後5年が経過したらSAMSATで車検を受けて車両登録書(STNK)の再発行を受けなくてはいけません。今回私のバイクが車検の時期となったのでSAMSATに行って車検を受けてきました。その手順などをご紹介します。

仕事・起業

最近、若い方の海外起業が増えているそうです。特に人件費が安く資金も少なくて済む東南アジアでの起業が多いそうです。で、バリ島での起業はどうなのか考えてみましたが、ビジネス面での難易度は東南アジア諸国同様、低いものがありますが、ビザなど制度面での問題が多いのです。

仕事・起業

バリ島での起業。アイデアや仕入先などの人脈つくりはハードルが低そうですが、ビザや認可などについて現実はかなり厳しいようです。実際にバリ島で起業、事業運営している外国人はこの問題をどうしているのか、一例を紹介します。

生活ノウハウ

SAMSATとは、ワンストップ統合行政システムの事を言いますが、バリ島ではバイクや車の登録申請と車両税納税の事を慣習的にSAMSATと言っています。これら手続きは車両を所有したら毎年行うものですので、内容について簡単に説明します。

ビザ・諸手続き

バリ島に観光や移住するために必要となるものがビザです。観光旅行での短期滞在ならビザ取得は不要ですが、30日以上滞在する場合はビザが必要です。ここではバリ島滞在に必要な数種類のビザについてご紹介し、滞在目的ごとに最適なビザをご案内いたします。